2012年11月11日 (日)

【第六作目】気仙沼の未来を輝かす心の原風景「望郷の夢の輝き」

皆様、こんにちは。
はせがわいさおです。

さて、昨年より描き続けてまいりました
「被災地の未来を輝かす心の原風景」も
おかげ様で、第6作目となりました。

今回の作品は、宮城県気仙沼市の
安波山から望む港の風景を描きました。

Hasegawa06_rgb


タイトル「望郷の夢の輝き」です。


夕陽に染まる港の風景ではありますが、
決して沈み行く太陽ではなく、
気仙沼の港をいつまでも照らし続ける太陽を
オレンジ系一色で描きました。


この作品を描いてすぐ、10月20日から気仙沼で
紙芝居の活動があったので、三人で安波山に登りました。

Cimg9931

Cimg9930


Cimg9932


Cimg9934


自分自身が描いた風景を見下ろして、
私は言葉を失いました。

描いた風景がほとんど失われていたからです。


Cimg9938


Cimg9945


Cimg9948


分かってはいましたが、
実際に目の当たりにしたショックは
大きいものがありました。


Cimg9949


Cimg9952


Cimg9953


Cimg9955


Cimg9960


Cimg9962

この作品が、かつての気仙沼の記憶と、
いつしか必ずや復興を遂げた気仙沼の未来の風景をつなぐ作品となって、
人々の心に希望を灯し続ける事が出来ればと願うばかりです。


一番被害の大きかった鹿折地区。

Cimg9976


Cimg9980

気仙沼大島へのフェリー乗り場にある建物を
解体する作業が行われていました。
フェリーは運行中です。

Cimg9990


宿に帰る時に見たこの日の夕日は、
ちょうど私が作品に描いたような
眩しく大きな夕日でした。

Cimg0001


Cimg0004

尚、第7作目は、宮城県石巻市の作品を描きます。
10月25日に地域の方のご案内で取材してまいりました。
完成は、12月下旬予定です。

そして、その次の第8作目は、
10月20日から紙芝居の活動に行くきっかけとなった
気仙沼・本吉の伝統的なお祭り「山田大名行列」を描きます。

また皆様によい作品をご覧いただけるよう、
これからも精一杯描いてまいります。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

「一般社団法人スターリィマンからの贈りもの」設立の御礼と近況報告

皆様、長らくご無沙汰してしまい、
本当に申し訳ありません!
はせがわ祐希です。

最近、ぐっと冷え込みが厳しくなって、
日もだいぶ短くなってまいりましたね。

お元気でいらっしゃいますか?
体調崩したりしていませんか?


さて、ご報告が遅れましたが、
11月5日の午前中に、さいたまの法務局で
一般社団法人 スターリィマンからの贈りもの」の
設立の申請を行ってまいりました。

多くの方々の優しさや思いやり、応援に支えられ、
おかげ様で、新しい一歩を踏み出す事が出来ました。
本当に本当にどうもありがとうございます!

Cimg0238

お世話になった行政書士さんと一緒に
ドキドキしながら窓口で提出をしていただき、
受け取っていただいた瞬間、ホッと致しました。

そして、午後には、川口の鎮守氷川神社様にて、
心願成就のご祈祷をしていただき、
今後の決意を固めてまいりました。

Cimg0245

自分自身の誕生日でもあり、
スターリィマンの誕生日でもある日に、
今度は、一般社団法人が産声を上げ、
感慨深い気持ちでいっぱいになりました。


今回、設立するにあたりまして、
定款の作成や申請のお手伝いをいただきました、
TFS国際税理士法人の皆様方。

親身になって、色々とご相談に乗ってくださった方々。
厳しく、優しい激励のお言葉をかけてくださった方々。
心温まる御祝いのメッセージをお贈りくださった方々。
設立応援基金への有り難いご支援をいただきました方々。

私の拙い言葉では、皆様への感謝の気持ちを
上手くお伝え出来ませんが、
『継続は力なり』の言葉を信じて、
大切な皆様と共に素晴らしい未来に向かって、
これからも歩んでまいりたいと願っています。

今後ともどうぞ末永く宜しくお願い致します。

いよいよこれからが始まり!
これからが本番、ここからが正念場!!
さぁ、思いっきり楽しもう!!





そして、一般社団法人の設立以外にも、
この一ヶ月間は、色々な大切なことが重なり、
とっても充実した毎日でした。

お忙しい中、私たちの都合に合わせて、
お力を貸してくださった皆様に、
心から感謝、感謝でいっぱいです。


スターリィマンの新しい本の制作過程では、
素晴らしいデザイナーの方々にサポートいただき、
無事、11月23日に出版出来る事となりました☆

Starryman_book_2

「いつも君のそばにいるよ」
 著:はせがわ芳見 絵:はせがわいさお

 定価(税込)1,260円
 発売予定日:2012年11月23日
 発行:学研パブリッシング

 [判型]46変 [ページ数]128頁
 [ISBNコード]978-4-05-405519-3 


完全に自画自賛となりますが、
とってもとってもステキな本になりました☆

実は、どこの本屋さんでお買い求めいただけるのか、
私たちも把握出来ていない状態なのですが、
スターリィマン☆オンラインショップ」でもご注文が可能です。

大切な方へのクリスマスプレゼントとして、お贈りいただけたら嬉しいです☆

そして、12月以降には、各地で出版記念イベントを開催予定です♪

 ☆12月01日(土) 15:00〜16:00 みどり書房 福島南店にて
 ☆12月02日(日) 13:00〜14:00 みどり書房 イオンタウン郡山店にて
 ☆12月02日(日) 15:30〜16:30 みどり書房 桑野店にて
 ☆12月15日(土) 15:30〜17:00 TSUTAYA 馬事公苑店にて
 ☆01月29日(火) 15:00〜17:00 アイエスエフネット青山にて

12月のイベントに関しては、クリスマス前という事もあり、
新刊のご紹介だけでなく、紙芝居ライブも行います。
お近くの方は、是非遊びにいらしてくださいね!

☆☆☆詳細は、こちらのチラシをご覧ください☆☆☆

来年以降は、この本を使ったワークショップを定期的に行ったり、
様々なコラボレーションをしていきたい!と母が目を輝かせております。
私も今からとっても楽しみです!



また、10月20日から28日までは、
宮城県と福島県で紙芝居の活動を行ってまいりました。

今回の活動場所をコーディネートしてくださった方々。
お忙しい中、お時間を作って会いに来てくださった方々。
健康を気遣ってくださったり、ご支援をいただきました方々。

私たち三人の力だけでは成り立たない活動であると、
毎回毎回、ただただ感謝するばかりです。

いつもとびっきりの笑顔を見せてくれる子ども達や
私たちを温かく迎えてくださる地域の皆様方と
またお目にかかれる日を楽しみに、
これからも風船を届けてまいりたいと思います☆

まだ写真だけしか載せられていませんが、
私たちが見聞きし、感じて来た被災地の今を
皆様に少しでもお届け出来ましたら幸いです。

【10/20〜活動報告】南三陸町/気仙沼・本吉/山田大名行列 ☆こちら
【10/22〜23/活動報告】気仙沼市本吉/小泉/津谷/馬籠/階上 ☆こちら
【10/24活動報告】南三陸町へ再び ☆こちら
【10/24〜25/活動報告】石巻の未来にかかる虹/万石浦/渡波 ☆こちら
【10/26〜29/活動報告】福島空港/玉川村/郡山市 ☆こちら




そして、おかげ様で「スターリィマンカレンダー2013」は、
皆様方からご好評をいただき、大変嬉しく感謝いたしております。

Cal_banner_2

先日10月28日には、寄付先である
一般社団法人 ふくしま原発避難子供・若者支援機構」の方々が、
福島空港さんでのイベントにお越しいただき、
直接ご縁をいただく事が出来ました。

支援機構さんの取組みや実際の活動から
色々と学ばせていただきながら、
私たちの活動の中で出来ることを探していきたいと思っています。




そして、最後に近々のイベントのお知らせです!

来週、11月14日(水)から19日(月)と、
11月21日(水)から26日(月)まで
埼玉県にある「まるひろ飯能店」さんにて、
チャリティー展示販売会を開催致します。

H_11_2

三人で活動するようになった2007年以降、
作品の展示販売会を自主的に行ってまいりませんでした。

しかし、絵画の展示販売を通して、
社会貢献活動をなさっている「株式会社 アート・プランドゥ」の
山下ご夫妻の真っすぐで温かな想いに感銘を受け、
ご協力いただける事になりました。

今回の収益は、東北の子ども達へ紙芝居をお贈りする為の、
「一般社団法人 スターリィマンからの贈りもの」の活動資金となります。

尚、18日(日)と23日(金・祝日)は、
私たちも会場にお伺いして、紙芝居ライブや
サイン会なども行う予定です。
皆様のご来場を心よりお待ち致しております!




明日は、大大大尊敬する鬼丸昌也さんが理事をなさっている
NPO法人テラ・ルネッサンス」さんの世界会議に参加して、
今後の活動の勉強をしてまいります!

そして、13日から15日は、急遽沖縄へ飛んで、
お世話になっている皆様へ紙芝居の活動の御礼や、
以前お伺いさせていただいた小学校さんで道徳の授業、
来年以降の活動の準備やらご相談やら広報活動などなど
がんばって行ってまいります!

いつもご報告が滞りがちで、本当に申し訳ありません。
まだまだ書き切れない事がたくさんありますが、
またきちんとご報告出来るように努めます!

それでは、急ぎ足となりましたが、
ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

これから益々寒くなってまいりますので、
体調には十分お気をつけてくださいね。
皆様の心と体がいつもやさしいぬくもりに包まれますように…


【お詫び】
一般社団法人 設立記念基金に
ご寄付いただいた支援者様のお名前を、
設立後すぐにサイト上で掲載する予定でおりましたが、
まだ準備が整っておりません。
この場をお借りして、心からのお詫び申し上げます。
出来る限り早く対応したいと思っております。
何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

はせがわ祐希

| | コメント (0)

【10/20〜活動報告】南三陸町/気仙沼・本吉/山田大名行列

Cimg9805

Cimg9806


Cimg9808

Cimg9809

Cimg9810

Cimg9812

Cimg9813


Cimg9815


Cimg9817


Cimg9820


Cimg9829


Cimg9839

Cimg9871


Cimg9879


Cimg9891


Cimg9897


Cimg9912


Cimg9921


Cimg9928


Cimg0015


| | コメント (0)

【10/22〜23/活動報告】気仙沼市本吉/小泉/津谷/馬籠/階上

Cimg0023


Cimg0025


Cimg0017

Cimg0020


Cimg0021


Cimg0028

Cimg0029


Cimg0054


Cimg0055


Cimg0059


Cimg0065

| | コメント (0)

【10/24活動報告】南三陸町へ再び

Cimg0068


Cimg0069


Cimg0080


Cimg0081


Cimg0082

Cimg0083


Cimg0084


Cimg0085


Cimg0086


Cimg0092


Cimg0093


Cimg0094


Cimg0095


Cimg0096


Cimg0097


Cimg0098


Cimg0099


Cimg0100


Cimg0101


Cimg0110


Cimg0113


Cimg0118


Cimg0120


Cimg0124


| | コメント (0)

【10/24〜25/活動報告】石巻の未来にかかる虹/万石浦/渡波

Cimg0125


Cimg0126


Cimg0128


Cimg0129


Cimg0130


Cimg0131


Cimg0133


Cimg0135


Cimg0140


Cimg0141


Cimg0145

Cimg0150


Cimg0148


Cimg0196


Cimg0197


Cimg0198

| | コメント (0)

【10/26〜29/活動報告】福島空港/玉川村/郡山市

Cimg0200

Cimg0208


Cimg0206


Cimg0207


Cimg0211


Cimg0225


Cimg0226

Cimg0214

Cimg0212

Cimg0216

Cimg0227


Cimg0232


Cimg0235


Cimg0229


Cimg0230


Cimg1267

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

【紙芝居プロジェクト】近況報告その2

「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の近況報告その2は、
活動を応援してくださっている沖縄の皆様のお話です☆

8月28日、沖縄の藤原奈央子さんから、
糸満市の喜屋武青年会の皆様が
市内の全幼稚園に寄贈するため、
紙芝居をご支援くださったとの
とっても嬉しいご報告をいただきました!

紙芝居は新学期の開始を待って、
市内の各園に届けられるそうです。

549714_361812730564919_544097846_n1

【糸満市のサイト/喜屋武青年会の想い、届け!】
http://www.city.itoman.okinawa.jp/topics/201208/20120828_1.htm

喜屋武青年会さんには、
昨年も糸満市内の全小学校に
紙芝居を寄贈していただきました。

「今年も継続して支援したい」と、
これまでの貴重な活動資金で
紙芝居を購入してくださいました。

青年会の皆様、奈央子さん、
本当に本当にどうもありがとうございます!!


今の喜屋武青年会の会長さんは、24歳。
「青年会活動はエイサーだけではなく、地域にも貢献したい。」
と話していらっしゃったと奈央子さんが教えてくださいました。

地域のことを本当に真剣に考えているからこそ、
他の地域の方々の気持ちも寄り添う事が出来るんだなぁと
自分の原点や身近な環境を愛する事の大切さを学びました。

こうした素晴らしい方々とのご縁や
温かいお気持ちに触れ、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

552086_363265270419665_1634493591_n

喜屋武青年会さんは、9月1日の沖縄の旧盆の日に、
毎年、平和祈念公園での奉納エイサーを行っているそうです。

その時の様子や想いを、奈央子さんがブログでお伝えしています。
是非とも、お読みいただけたら嬉しいです。
http://yurariitoman.ti-da.net/e4070717.html


いつも私が一人悶々としている所に、
すーっと救いの手を差し伸べてくださる奈央子さん。
今、また素敵な企画が産声を上げようとしています☆

こうしてずっとずっと支えてくださっている
沖縄の皆様へのご恩は、感謝してもし尽くせません。

被災した子ども達はもとより、
大切なご縁のある沖縄の子ども達をはじめ
これからの未来を担う日本全国の子ども達に
スターリィマンの風船を届けられるよう、
是非、皆様と共に歩み続けたいと願っています。

いつも、いつも、たくさんの輝きを
本当にありがとうございます☆

| | コメント (0)

【紙芝居プロジェクト】近況報告その1

本日は、「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の
近況報告をお伝え致します!

まず、その1として
紙芝居をお贈りする活動のご報告です。

7月31日には、茨城県つくば市で
被災された方々のサポートを行っている
「ルピナス」さんからご依頼をいただき、
紙芝居ライブを行ってきました。

Cimg9647

福島県の避難区域となってしまったお家から、
これまでに6ヶ所以上も転々としている子ども達。

Cimg9643

つくば市の並木小学校さんでは、
そんな子ども達や親御さん達を
少しでも支える力になれれば、と
校長先生や、PTAのお母さん達が一丸となって、
様々な取組みを行っています。

集合住宅が多いこの界隈は、
転校・転居をされる方がたくさんいるため、
外から来た方が馴染みやすい風土が
元々、根付いているそうです。

相手の立場に立って、気持ちを考えられるからこそ、
本当に大切なやさしさが自然に生まれるんですね。

紙芝居ライブの後は、
みんなからのリクエストで
急遽、鶴の折り方教室スタート!

Cimg9646

「幸せの鳥さ〜ん」と嬉しそうに
出来上がった鶴を羽ばたかせている姿は、
何にも代え難いものがあります。

「スターリィマン大好きー!」と
いつまでもスターリィマンの人形を抱きしめ、
帰る時になっても離さない子もいました。

「また来てねー!」
「うん、また会おうね!」

といつもの約束の言葉を交わし、
子ども達笑顔で別れました。

お世話になりましたルピナスの皆様や
並木小学校の校長先生、担当の先生、
そして、楽しい時間を一緒に過ごしてくれたみんな、
本当にどうもありがとうございます!!

7月7日にプロジェクトを開始して、
無我夢中だった一年間。

今思うと…今考えると…
反省点は上げればきりがありませんが、
それでも今まで続けて来られたのは、
活動を応援し支えてくださった方々。

「また来てねー!」と小さな手で
一生懸命に手を振ってくれた被災地の子ども達や、
地域の方々がいてくださったおかげだと
いつも感謝しています。

この活動を通して、「私達に何が出来るのだろう」と
考え込んでしまうと何も動けなくなってしまう反面、
闇雲に走り続ける危うさも痛い程、実感しました。

この夏は、あえて活動の幅を広げずに、
次へのステップアップの為に力を蓄え、
じっくり計画を練る時間に充てました。

この活動を継続していくためにも、
しっかりとした活動基盤を作ろうと、
日々、準備を重ねている所です。

この所、水面下で動き回ってばかりですが、
正式に皆様にご報告出来るようになるまで、
あともう少しお待ちいただけたら嬉しいです。

9月の下旬と10月20日から27日にかけて、
福島県と宮城県の皆様に会いに行きまーす!!

また皆様にお会い出来る事を楽しみに、
毎日、今出来ることをがんばります!

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

【夏の思い出その2】「フェニックス・プロジェクトVol.5」〜新宿でつながろう!東北〜

8月11日には、「ビヨンドXプロジェクト」さんのご縁で
「フェニックス・プロジェクトVol.5 〜新宿でつながろう!東北〜」に
参加させていただきました!

T02200311_0800113112084714264_2


T02200311_0800113112084714279_2


このイベントは、東日本大震災の被災地の
舞台芸術家の活動を支援するために企画され、
会場である「新宿芸能花伝舎」は、
廃校となった小学校の校舎をリノベーションさせた
とても趣きのある場所でした。

Cimg9745


私達は、被災地での活動の様子をお伝えし、
共に学ぶ「復興学校」の一時限目を担当。

学校らしく「起立、礼、着席」で開始した後にも、
次々にたくさんの方が教室にお出でくださって
あっという間に満席状態となりました。

お暑い中、午前中からお集りくださった方々。
お客様にお声掛けしてくださったスタッフの皆様。
本当にどうもありがとうございます!


開始時間がオーバーしてしまった為、
駆け足で「スターリィマン紙芝居」のダイジェストと…

3

4

活動中のエピソードを交えながら、
「被災地の未来を輝かす心の原風景」シリーズの紹介。

6

7

そして、「鎮魂のうごく七夕まつり」の朗読をお聴きいただきました。

8

ご一緒に楽しく笑ったり、心を痛め復興を考えたり
50分間の限られた時間を過ごしてくださった皆様。

少々慌ただしい授業となってしまいましたが、
本当にどうもありがとうございました!

そして、ビヨンドXプロジェクトの皆様、
準備や片付けでお力を貸してくださった、
スタッフさん、学生ボランティアの皆様に
この場をお借りして心から御礼を申し上げます!


その後、二時限目から五時限目までの授業も
どれも胸に迫るものがありました。

そして、この復興学校以外にも、
東北の演劇家の方々の朗読劇をはじめ、
太鼓の演奏やダンスパフォーマンスや展示、
東北の物産展や淀橋町会さんの屋台など
とにかく素晴らしい企画が盛りだくさん!!

Cimg9747

Cimg9748


「ポストカードプロジェクト 〜つなげよう、支援の輪〜」
という取組みを行っているNPO団体スピカさんは
2012年の春に気仙沼高校を卒業した方々を中心に活動。

進学で地元を離れる一人一人が何か出来る事をと考え、
「伝える」と「つながる」をテーマに行っているそうです。

このプロジェクトでは、250円で
気仙沼の子ども達が書いてくれたおハガキを
お送りいただけるだけでなく、
ハガキ代と雑費以外を引いた全額が
「NPO法人底上げ」さんへの教育支援金となります。

「NPO法人底上げ」http://www.sokoage.org/

気仙沼では、たくさんのご縁をいただき、
お世話になっている旨をお伝えしていた所、
本吉の津谷保育所を卒園した子がいました!

気仙沼の代表として、感謝の気持ちを伝え、
どこにいても、どんな時も愛する故郷を忘れずにいたい、
そんな皆様の姿に深く感銘を受けました。

後日、気仙沼のなおすけ君からお便りをいただきました☆

120903_153558_2

陰ながらですが、なおすけ君や震災に負けず
がんばる皆様を心から応援したい!と思いました。

スピカさんの活動の様子は、是非ブログをご覧ください☆
http://ameblo.jp/npo-spica0316/


他にも、

被災地での活動を勢力的に行っている、ミュージシャンの「アレアレア」さん
http://www.arearea.net/

宮城県気仙沼市の「マルトヨ食品株式会社」の清水浩司さん
http://www.facebook.com/marutoyo.kesennuma

岩手・三陸の「ハートニットプロジェクト」さん
http://sportsdesk-skiclub.dreamlog.jp/

宮城県山元町復興応援団「U-NITE!」さん
http://u-nite.me/report/

「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げた福島の詩人、和合亮一さん
http://www.pj-fukushima.jp/

など、たくさんの方々とお話をする事が出来ました。


そんなイベントの最後を飾ったのは、岩手県大槌町の虎舞。
http://www.pref.iwate.jp/~hp5501/geinou/indx/indx.htm

Cimg9755


Cimg9760


Cimg9762


Cimg9766

大槌町内には安渡虎舞、吉里吉里虎舞、向川原虎舞、陸中弁天虎舞、城山虎舞の
5団体があり、その全ての団体がそれぞれの個性を持った虎舞を踊るそうです。
http://www.pref.iwate.jp/~hp5501/geinou/otutitora/ot5.htm

その中で今回、舞をご披露くださったのは、城山虎舞の皆様。

「ビヨンドXプロジェクト」さんが、
「おらが大槌復興食堂」を訪れた際に
城山虎舞をご覧になった事がきっかけで、
是非東京の人達にも観てほしいとの念願を
ようやく果たされたとのお話でした。

私達の復興学校にご参加いただいた
ある女性の方は大槌町ご出身で、
虎舞が観られると思って、
朝早起きして楽しみに来たんですよ!と
涙目でお話してくださいました。

私達も虎舞を間近で観る事が出来た感動と、
この大切な伝統文化がいつまでも絶えることのないよう、
故郷の誇りが悲しみで消されてしまわぬよう、
復興を祈る思いが一層強くなりました。


226324_4455406711827_1990540547_n1

「東日本大震災」という 辛い出来事を共に乗り越え、
生きる希望に変えていこうという皆様の熱い想いに心励まされ、
今一度、自分自身の生き方を問いかけるきっかけとなりました。

何か想っているだけでなく、実際に行動する事の大切さ。
今の私たちには、一歩踏み出す勇気が必要なのかもしれません。

震災から、ちょうど一年五ヶ月。
新宿の空の下、深い温かいつながりを感じた夏の一日でした。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧