« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

【ご報告】3月10日☆「みのりの園」さん&小泉公民館さん主催「復興祈念朗読会」

3月10日の午前中は、「みのりの園」さんで
紙芝居ライブをさせていただきました。

Dsc09840_2

及川所長さんは、以前お伺いさせていただいた
「大谷ディサービスセンター」の元所長さんで、
数年前にこちらに異動になられたとのこと!

「いさおさん!芳見さん!祐希さん!お久しぶりです!」
と私たち一人一人の名前を呼びながら、
満面の笑みで握手をして出迎えてくださって、
涙が出そうになるほど嬉しかったです。

「みのりの園」の皆さんは、音楽が大好きとのことで、
紙芝居ライブの後の、替え歌や手遊びや「きらきら〜」の歌は
とってもとっても盛り上がり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

Dsc09842_2

皆さん、素敵な時間を本当にありがとうございました♪


お昼は、元・馬籠幼稚園さんの園長先生の及川たい子先生のお家へ。
及川先生が、お重いっぱいの美味しい炊き込みご飯とおつゆ、
新鮮なわかめや、デザートのチーズケーキなど
真心込めて作ってくださったお料理でおもてなしくださいました!

しかも、今晩は及川先生のお家に3人で泊まらせていただくという
これ以上ない、有り難い嬉しいおもてなしに感謝でいっぱいです。


先生の愛情のおかげで、力を蓄えた私たちは、
すぐ近くの小泉中学校さんの体育館にある
小泉公民館さんにお伺いいたしました。

今回、公民館さんの地域事業として、
小泉中学校さんの多目的ホールを使わせていただき、
1回目は、小泉地区の皆さんに向けて、
2回目は、小泉中学校の1・2年生の皆さんに向けて
「復興祈念朗読会」を企画していただきました。

Dsc09844_2

多目的ホールに到着すると、
「東日本大震災復興志縁市民活動ネットワーク宮城」の皆様が
絵の展示や会場設営を手伝ってくださいました。

準備が終わったくらいの時間に、小泉地区の皆さんが
段々と集まってきてくださって、
風が強く、小雪の舞う中、とても有り難かったです。

しかも、2年前に一度、小泉中学校の仮設の集会所で
紙芝居ライブをさせていただいた時に
参加していただいた方も何人かいらっしゃって、
本当に嬉しかったです。

震災前日ということで、どんなことをお話させていただけばいいのか、
正直ずっとずっと迷っていました。

しかし、こうしてかけがえのない時間を過ごしていただけること、
その喜びと感謝の気持ちを考えすぎずに、素直に表現しようと思いました。

すると最初は、少し表情が硬かった皆さんが、
少しずつ笑顔になって、最後は明るい笑い声を響かせていただき、
とてもホッとしました。


そして今度は、小泉中学校の1・2年生の皆さんに
多目的ホールに集まっていただきました。

実は、皆さんが小泉小学校さんに通っていた頃に、
紙芝居ライブを観ていただいていて、久しぶりの再会にどきどき。

見違える程、立派に大きく成長されて、
でも、純粋な心は変わっていなくて、
もう一度出会えた喜びに胸が熱くなりました!

紙芝居ライブを観ていただいた後に、
中学生の皆さんにも朗読をしていただきました。

これまで自分を愛し、育ててくれたたくさんの方々に
心からの感謝を込めて読んでいただいた「夢見る樹」。

私自身、何度も何度も朗読して、
物語がすべて頭の中に入っているはずなのに、
皆さんの想いのこもった朗読に心が震えました。

今回の復興祈念朗読会を開催するにあたり、
小泉中学校さんの校長先生、教頭先生から
3月11日の前日、子ども達には、未来に向かう力、
希望を持ってもらえるような時間にしていただきたいと
お話をいただいていました。

私たちと過ごしてくださったこの時間が、
少しでも一歩ふみ出すきっかけとなればと願うばかりです。
これからもずっとずっと、大好きな皆さんのことを、
陰ながらですが、応援させてくださいね!

Dsc09846_2

この素晴らしいご縁をつないでくださった小泉公民館の皆様、
小泉中学校の皆様、そしてお力添えいただきました皆様、
本当に本当にありがとうございます!


及川先生のお家に帰る前に、小泉小学校の校長先生に
中学生の皆さんとの再会をご報告させていただくために
中学校のお隣にある小学校さんにお邪魔すると、
ちょうど下校時間だった小学生の皆さんが
「あっスターリィマンだ!」「はせがわさんたちだ!」と声をかけてくれました。

やっぱり大きくなったみんな。覚えていてくれて、ありがとう!


あったかい気持ちでいっぱいになって、
及川先生のお家に「ただいま〜!」と帰りました。

「お帰りなさい」と笑顔で迎えていただき、
たくさんのご馳走を用意してくださって、
及川先生のお父様、ご主人様とも一緒に
楽しい夜を過ごさせていただきました。

夜、寝る時、外に出ると満天の星達が輝いていました。
3月11日を迎える前夜。今、こうして気仙沼の空の下にいて、
地域の皆様と出会い、共に感動を共有させていただいていることに、
言葉にならない色々な想いが込み上げて来ました。

明日で、東日本大震災から4年。
この一瞬一瞬を大事にしよう。と心に誓いました。


後日、復興祈念朗読会に参加してくださった
趣味でお写真を撮っていらっしゃる阿部さんという方から
ご丁寧にお写真をお送りいただきました!

Image3


Image4


Image7


Image5


Image8

また素敵な思い出ができました。
応援してくださっている皆様のおかげです。
心から感謝いたします!!

| | コメント (0)

【ご報告】3月9日☆気仙沼市立本吉公民館「寿大学」さん閉講式&春圃苑ディサービスセンターさん

神戸から8日の朝に帰宅し、今度は仙台に向けて出発しました。

9日から11日まで、気仙沼の皆様にお呼びいただき、
9日は午前中からの予定だったため、仙台に前泊することにしました。

埼玉の自宅から東北道に乗り、北へ北へと車を走らせます。
すっかり見慣れた高速道からの風景。

初めて紙芝居の活動で東北にお伺いしてから、
もう何度この道を往復したでしょうか。
今となっては、電車で都内に出かけるような感覚で、
とっても近く感じます。

途中、吹雪くように雪が降る所もありましたが、
夕方には仙台に着いてホッと一息。

明日から過ごす気仙沼での3日間のこと。
もうすぐ迎える3月11日のこと。
東北の皆様との有り難いご縁のことなどを3人で話し、
活動に備えて早めに就寝しました。


翌朝、9日。朝早く起きてメルマガの配信を終え、
いざ気仙沼へ!

気仙沼に近づいてくると、段々と胸の高まりも強まります。
たくさんの会いたい人がいる、第2の故郷のような場所。


予定よりも早めに本吉公民館に到着すると、
館長さんが、笑顔で迎えてくださいました。

「寿大学」さんは、2年前の開講式の時にも一度、
皆様にお話をさせていただきました。

ただ、その時まだ「被災地の未来を輝かす心の原風景」
シリーズ9作品すべて完成していなかったのと、
それぞれに創作されているお話を皆様に是非お聴きいただきたいと、
千葉ふみ子先生が再びご縁をつないでくださったのでした。

公民館さんの会場には、地域の方々がたくさんお集りになっていました。
中には、私たちのことを覚えていてくださっている方もいて、
嬉しい再会に心が温かくなりました。

公演の前に、「寿大学」さんの講座の中でずっと練習されていた
気仙沼の民謡「どや節」を皆さんと一緒に唄いました。

Dsc09733_2

館長さんの、のびのある歌声に感動!
さすが漁師町!という唄の節回しに心がワクワクしました。


その後、約60分ほど私たちのお話をさせていただきました。

Dsc09734_2

「被災地の未来を輝かす心の原風景」が創作された経緯を
9作ひとつひとつお話させていただき、
9作のうち、3作は気仙沼を題材にした作品ということで、
お話の朗読をお聴きいただきました。

Dsc09740_2

馴染み深い地域のお話に、皆様目を閉じたり、
真剣な眼差しを向けながら耳を傾けてくださいました。

Dsc09737_2

閉講式後は、同じ会場で皆さんと一緒に昼食タイム。

もし宜しければお近くによって絵をご覧ください、とお声がけすると、
初めは遠慮されていましたが、次第に絵のすぐそばまで来てくださって、
「これはあそこだね!」「これはどこかね?」と言いながら
じっくりと作品をご覧いただき、とっても嬉しかったです。

それから、以前私たちが紙芝居ライブをさせていただいた保育所さんに
お孫さんがいらっしゃるという方がいて、「スターリィマン」という名前を
一生懸命覚えてくださって、思わずにっこり笑顔になりました。

Dsc09744_2

昼食タイムの終わりには、「きらきら生きる愛の地球」の歌を
皆さんと一緒に歌わせていただきました。

千葉先生、佐藤館長さん、素晴らしい機会を本当にありがとうございます!
そして、寿大学の皆様にも心から感謝いたします!


その後、すぐ近くにある「春圃苑ディサービスセンター」さんに
お邪魔させていただきました。

もう4回目となる訪問、お馴染みとなる方が何名もいらっしゃって、
お元気そうなお姿にホッと嬉しくなりました。

帰りがけは、毎回お1人お1人と握手をさせていただくのですが、
皆さん、涙ぐみながらずっと私たちの手を握って、
「いつもありがとうございます」「こんなにいい時間は久しぶりです」
「体に気をつけてがんばってください」「また来てくださいね」と
やさしい言葉をかけてくださって、離れがたいです。


夜は、千葉先生を始め、お世話になっている気仙沼の保健士さんや、
以前は保育所の所長先生で、今は復興支援ボランティアセンターにいらっしゃる先生から
気仙沼の現状を夜遅くまで教えていただきました。

もうすぐ4年を迎えるにあたり、抱えている問題は様々。
特に、目に見えない心の復興や、人間関係などの問題が
これから一番必要になってくることを改めて実感いたしました。

3月9日“サンキューの日”ということで、
昨年は郡山で「いつも君のそばにいるよ」の朗読音楽コンサートを
開催させていただきましたが、
今年も東北の皆様と朝から充実した時間を過ごさせていただき、
本当に感謝でいっぱいの1日目でした。

お世話になりました皆様、本当にありがとうございます!!


後日、本吉公民館さんに御礼の色紙をお送りすると
すぐに館長さんからお電話をいただき、
ちょうど次年度の寿大学さんの打合せがあったとのことで、
皆さんが色紙をとても喜んでくださったことと、
閉講式が本当に素晴らしかったとおっしゃっていましたとお話いただきました。

これからも皆様とのご縁を大切にしてまいりたいと心から思いました☆


| | コメント (0)

【ご報告】3月7日☆西方院(神戸)の法要で紙芝居と朗読をさせていただきました!

3月7日は、神戸に行ってまいりました!

午前中は、KOBE三宮・ひと街創り協議会の久利会長さんに
メルマガ「今を生きるスターリィマンの物語」の
インタビューをさせていただきました。

1月の「KOBE夢・未来号・沖縄」以来、久しぶりにお会いしましたが、
久利会長さんを始め、理事や事務局の皆様が揃って迎えてくださいました。

久利会長さんから、とても感慨深いお話をお聞かせいただいた後、
美味しい昼食をご馳走になった上に、午後の予定の場所まで
久利会長さん直々に車で送迎してくださるとのこと!

毎回、温かくて、有り難いお心遣いに感謝でいっぱいです。


午後は、久利会長さんからご縁をいただき、
私たちの活動にご支援くださっている
高野山 真言宗 吉祥山 西方院で行われる春の法要の前に、
紙芝居のお話と東北の原風景の朗読をさせていただきました。

西方院の坂井ご住職さんを始め、神戸市垂水区のお寺のご住職さんで構成される
垂水仏教会の皆様は、2011年の震災後、ずっと神戸市内の駅前で
托鉢を行いながら義援金を集めていらっしゃいます。

その大切なお金を、私達の活動にご寄付くださっているのですが、
今回は坂井ご住職さんから、是非、檀家さんに
どんな人達を支援している知っていただきたいと
大勢の方が集まる法要に合わせて機会を作ってくださいました。

お堂には、約200名の方々がお集りになっていらっしゃいましたが、
皆様、真剣に私の話をお聞いただき、
そして、坂井ご住職さんのご配慮で置いていただいた募金箱に
たくさんの温かなお気持ちを入れてくださいました。

Image1

中には、紙芝居を買ってご支援したいのですが、と
お申し込みしてくださったり、
「がんばってくださいね」と直接お声をかけていただき、
翌日の3月8日から気仙沼へ活動にお伺いする予定でしたので、
これ以上ない、大きな励ましをいただきました。

きっとほとんどの方が、20年前の阪神淡路大震災をご経験され、
もしかしたら、私以上に、被災された方々のお気持ちや痛みを
感じていらっしゃることと思います。

そんな方々に支えていただき、活動させていただけるのは、
何と有り難いことなのだろうと、感動で胸がいっぱいでした。

坂井ご住職さん、西方院の皆様、そして、お会いした皆様
本当に本当にありがとうございました!

Image2

坂井ご住職さんは、あのイチロー選手と親交が深く、
サインボールや一緒に撮ったお写真がたくさん飾られていました。

そして、お堂の不動明王さまの祭壇には、
イチロー選手のバットが祀られていました。

イチロー選手が2004年のMLB年間史上最多安打記録達成をした262安打。
この「262」という数は、何と般若心経の数と同じ!
坂井ご住職さんに教えていただいた時は、思わず鳥肌が立ちました!

そんな西方院さんとのつながりに、私たちもお力をいただき勇気づけられています。


そして、夕方からはちょうど「KOBE夢・未来号・沖縄」の
感謝の夕べが開催されるとのことで、私も参加させていただきました。

1月に沖縄でご一緒させていただいた皆様と
とっても楽しいひと時を過ごさせていただき、
心がホッとする時間をいただきました。

神戸の皆様との素晴らしいご縁に、未来への活力をいただいた一日でした♪


| | コメント (0)

2015年3月29日 (日)

【ご報告】3月2日☆「スターリィマンカレンダー2015」の売上をご寄附してまいりました

鹿島神宮での興奮がさめやらぬ翌日の3月2日に、
私たちは福島県二本松市にある岳温泉に車を走らせました。

おかげ様で、スターリィマンカレンダー2015は、
11月下旬を迎える前に500部が完売となり、
「一般社団法人スターリィマンからの贈りもの」と
「たまきはる福島基金」の皆様に5万円ずつご寄附出来ることになりました。

1

ご支援いただきました皆様、本当にありがとうございます!!


3月11日の前に、出来れば相応しい形でお渡ししたいと願っていた所、
この日、たまきはる福島基金の理事長の玄侑宗久氏の講演会が
岳温泉で開催されると共に、同じ岳温泉郷の中にある別のホテルで
中日新聞社の方々の寄贈式が開かれるとのことで
理事の渡邊さんから「是非皆様もお越しください」とお誘いいただきました。

渡邊さんには、いつも有り難いご配慮をいただき、
心から感謝の気持ちでいっぱいです。

中日新聞社社会事業団の皆様は、震災直後から
主に中部・北陸の購読者様から寄せられた多額なご寄附を
被災地への義援金としてお贈りしており、
今回は、たまきはる福島基金の皆様と、
浪江町の障害者福祉サービス事業所のアクセスホームさくらの皆様に
ご寄附されました。

Dsc09720


その後、私たちのご紹介をいただいて、
玄侑理事長さんに皆様からの大切なお気持ちを
無事に直接お渡しすることが出来ました。

Dscn0881

お渡しする前に、一言お話させていただいたのですが、
これまでの色々な方々とのご縁や思い出が、次々に思い返され、
何にも代え難い、有り難い出会いや応援をいただいて、
本当に私たちは生かしていただいている。
皆様のおかげで、風船をお届けすることが出来ているんだと、
胸がいっぱいになって、思わず涙がこぼれて話せなくなってしまいました。

この場をお借り致しまして、このような素晴らしい機会を賜りました
中日新聞社会事業団の皆様、中日新聞社及び東京新聞の皆様。
会場をご提供いただいた岳温泉・陽日の郷「あづま館」の鈴木女将さん。
たまきはる福島基金の皆様に心からの御礼を申し上げます。

Dsc09722


そして、カレンダーを始め、これまでに色々なご支援をいただきました皆様。
本当に本当にありがとうございます!!

これからも真摯に向き合いながら、活動してまいりたいと思いますので、
皆様、今後ともご一緒に風船をお届けいただけましたら嬉しいです。
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!

Image

講演会終了後、玄侑理事長さんから「光の山」の本にサインをいただきました!
メルマガを読んでくださっている皆様に後日プレゼントさせていただきました☆

| | コメント (0)

【ご報告】3月1日☆常陸一之宮鹿島神宮での復興祈念朗読演奏会

皆様、こんにちは!
桜の便りが各地から届く季節となりました。
お元気でお過ごしでしょうか?

さて、3月もあっという間に終わりに近づき、
新しいステップに向かって邁進する日々ですが、
ちゃんと振り返りもしなければ…ということで
3月の活動のご報告をさせていただきたいと思います!

是非お付き合いいただけましたら嬉しいです。


3月1日(日)は、茨城県鹿嶋市にある
常陸一之宮鹿島神宮で復興祈念朗読演奏会を開催。

昨年の12月にご奉納させていただいた
「東日本大震災からの復興再生を語り継ぐ鹿島神宮物語」3作品の
朗読とプロの篠笛奏者・ことちゃんの演奏をお聴きいただきました。


Dsc09711

約2年半ぶりとなることちゃんとの共演は、
本当に心地よく、ますますパワーアップした笛の音に大興奮でした!

Dsc09717


多くの方にご参加いただけるようにと鹿島宮司さんのお計らいで、
震災から4年となる3月のおついたち参りの日に設定していただき、
氏子さん達を始め、茨城県内外からもたくさんの方にお越しいただきました。

鹿島宮司さん、お力添えいただきました神職の皆様、
そして、ご来場いただきました皆様、
本当に本当にありがとうございました!!


この3部作品は、2011年の10月に
私たちが鹿島神宮を訪れた際、
震災の影響で倒壊した二の鳥居の再建のために切り倒された
鹿島神宮の境内の一本の杉の木との出会い。

そして、鹿島宮司さんから教えていただいた
鹿嶋の灘に2011年4月11日に流れ着いた、
陸前高田の諏訪神社のお札のお話から始まりました。

2014年には、12年に一度午年に行われてきた
「式年大祭・御船祭」にも参列させていただき、
多くの方のご尽力によって震災からの復興を遂げた
鹿島神宮の功績を次の世代に語りつぐための作品として、
1作、1作、それぞれに渾身の祈りを込めて描きました。

Photo_2

第1話 「幸せをつなぐ祈りの道 〜大鳥居再建〜」

Photo_3

第2話「夢を運ぶ弥栄の航路~式年大祭御船祭~」

Kashima

第3話「未来を照らす神々からの贈りもの~復興再生への鹿島立ち〜」


朗読中、背中の方からグワーーーーっという
強く大きな力に包まれている感覚を覚え、
きっと鹿島の大神様が後押ししてくださっているんだと、
有り難い気持ちでいっぱいになりました。


朗読演奏会にご参加いただいた皆様からは、
「感動しました!」「鹿島神宮のことがよく分かりました」
「もっと色々な人に、特に子ども達に聴かせたいです」との
嬉しいお言葉をいただけて、ホッとしました。

中には、是非冊子にしてくださいとおっしゃってくださった方もいて、
鹿島宮司さんに早速お話させていただくと、
「それはいいですね」とにっこり微笑んでくださいました。

まだ見通しはたっていないですが、
是非、いいカタチでまとめたいと考えています。

そして、ずっとずっと鹿島神宮のことを、震災のことを
ずっとずっと語り継いでいただけたらと願います。


4月11日に開催する「春爛漫のスターリィマン朗読演奏会」でも、
3作品のうち、1作品だけですが、お話させていただく予定です。
是非、こちらも足をお運びいただけますと幸いです。

お申し込み・詳細 http://www.dream-hasegawa.com/about/event.html

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

【4/11開催】春爛漫のスターリィマン朗読演奏会のご案内

20150411_2

 スターリィマン美術館設立プロジェクト第2弾として、
スターリィマンが日本の心の原風景を旅する作品の朗読演奏会を開催いたします。

 ふるさと日本を愛し誇りに思う心をつなぐスターリィマンの旅。
それは2009年。はせがわいさお絵画活動30年を記念して描かれた
「日本の四季の輝き~春夏秋冬~」の200号キャンバス4作から始まりました。

 その後、2011年に東日本大震災からの復興を祈り描いた
「被災地の未来を輝かす心の原風景」9作へと続き、
ご縁のある沖縄や日本各地のふるさとを描き伝えてまいりました。

 数々の苦難や悲しみをも包み込み、それぞれの場所で
たくましく、やさしく輝き続ける原風景。
そこには幸せな未来を願う生きとし生けるものの祈りが、
ずっと変わらずに受け継がれています。

 この朗読公演シリーズには、欠かせない存在となった
篠笛奏者のことちゃんの奏でる童謡や唱歌の名曲と共に、
ふるさと日本の心の原風景を巡る旅へ皆様をご案内いたします。

 はらはらと桜舞散る春爛漫の季節。
ぬくもり溢れるあの場所へ…さぁご一緒に出かけませんか?


スターリィマン美術館設立プロジェクト第2弾
『春爛漫のスターリィマン朗読演奏会』
〜なつかしき調べと共に巡るふるさと日本の心の原風景〜

日 時
 2015年04月11日(土)
 昼の部 13:00 開場/13:30 開演(14:45終演予定)
 夕の部 15:30 開場/16:00 開演(17:45終演予定)
 交流会 18:00 〜19:30(同会場にて開催・立食スタイル)

会 場
 アートサロン香音里(こおり)

アクセス
 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口より徒歩1分。
 階段を上がり早稲田通りを右方向(早稲田方面)へ 。
 セブンイレブンの角を右折し、突き当たりを左折。
 しばらく直進すると左手にある一戸建てです。 詳細
 (東京都新宿区天神町17 / TEL:03-6280-8044)

出 演
 絵 はせがわいさお  お話 はせがわ芳見
 朗読 はせがわゆき  篠笛 こと

参加費
 ☆昼の部 会費 3,000円
 ★夕の部 会費 3,000円(公演のみ)
 ★夕の部+交流会 6,000円 *交流会のみのご参加はご遠慮くださいませ。

定 員
 昼・夕共に40名ずつ/全席自由
 *車椅子や足の不自由な方など特別なお席をご希望の方は、
  どうぞご遠慮なくお申し込み時にお知らせください。

ご案内
 会場では、「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜(習作)」
 「被災地の未来を輝かす心の原風景」9作など、
 ふるさと日本の原風景シリーズの原画展示や関連グッズの販売を行います。
 15:00〜15:30の間は、公演に参加されない方も作品をご覧いただいたり、
 グッズをご購入いただけます。

お申し込み
 http://kokucheese.com/event/index/270594/

チラシ
 PDFチラシのダウンロードはこちらから

| | コメント (0)

未来への種まき☆2月の活動のご報告

皆様、いつも応援ありがとうございます!
遅くなりましたが、2月の活動のご報告です☆

1月の企画展開催後、色々な事が動き始めました。

まずは三人で何度も何度も話し合いを重ね、
目の前の事、今年1年の事、3年後、5年後、10年後の
イメージや想いをしっかりと共有しました。

今まで、本当にただ追われているばかりで、
自分達の事を俯瞰的に見たり、冷静に考えたり出来なかったのですが、
こういった時間を持つ事の必要性をとても感じました。

さて、そんなスタートダッシュの2月のメインとなった活動は、
今年2回目となる沖縄での活動でした。

13日に、浦添市生涯学習振興課さん主催の「社会教育学級生大会」にて
紙芝居ライブや講演をさせていただきました。

Photo


31


43


この大会は、浦添市の保・幼・小・自治会さんなどが主体となって、
様々な勉強会や地域交流会などを1年間行ってこられた事の発表の場で、
私たちは、ゲストとしてお招きいただきました。

今回のご縁は、昨年4月に沖縄県教育委員会さん主催の
「読書の日記念フォーラム」にお越しくださった
浦添市の生涯学習振興課の方にお声をかけていただき、
そこから何度も打合せを重ね、実現にいたりました。

紙芝居ライブが始まると、150席あったお席も満席で、
後ろで立ち見をなさっている方もいらっしゃってびっくり!

14


私たちのお話をとても熱心にお聴きいただき、
最後は、「きらきら生きる愛の地球」の歌を
会場の皆様で手をつなぎながら歌いました。

33

県外の私たちを受け入れ、熱心に応援していただいている
沖縄の皆様には、本当にいつも感謝でいっぱいです。


そして、13日の午前中は、キムタカ税理士法人さんの
香さんにお話をいただき、西原町立西原小学校さんの6年生の皆さんに
紙芝居とお話をさせていただきました☆

香さんのご長男さんが6年生で、卒業間近ということで、
記念に是非スターリィマンのお話をとの有り難いお気持ちに感激☆
素晴らしい機会をいただけてとっても嬉しかったです。

いっぱいいっぱいお伝えしたい事があって、
いつもより熱く語ってしまいました(笑)
6年生の皆さんの心に1つでもスターリィマンの風船が届いて、
何かを感じてくださっていたら幸いです。

12日から14日まで過ごした沖縄での3日間は、
これまで積み重ねてきた時間に「これでいいんだよ」と
うなずいてもらったような、穏やかで満ち足りていて、
たくさんの前向きな力をいただきました。

お世話になりました皆様、本当にありがとうございます!!


2月は、その他にも色々な方をご紹介いただいたり、
ご相談に乗っていただいたり、今後の事をお話させていただいたり、
未来への種まきのようなワクワクする日々でした。

長い長い冬を越えて、もうすぐ芽吹きの春がやってくる。
これから、どんな芽が出て、花が咲いて、実がなるのでしょう?
いっせいに芽吹くのかしら?それともバラバラに咲くのかしら?

分からないからこそ、不安になることもあるけれど、
まだまだだなーと、落ち込むこともあるけれど、
立ち止まっていたら辿り着けない素晴らしい世界に
一歩ずつ近づいていけたらと願う今日この頃です。

その勇気を与えてくださっているすべての皆様に
心からの感謝を込めて☆

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

1月末の活動のご報告と4月のイベントのご案内です☆

皆様、こんにちは!
はせがわ祐希です。

梅の花がほころび、段々と春めいてまいりましたね。
年度末で特にお忙しかったり、花粉症が辛かったりという時期ですが、
皆様、お元気でいらっしゃいますか?

さて、怒濤のように過ぎていった2月。
その中でも豊かな時間やご縁をたくさんいただき、
本当に有り難いなぁ〜と感謝の日々です。

1月26日までの表参道での企画展の翌日から2日間、
福島に行って参りました!

27日は、郡山市の赤木保育所さんへ。
28日は、須賀川市の杉の子幼稚園さんで
紙芝居ライブをさせていただきました♪

前日までの企画展でちょっと疲れ気味?と思っていましたが、
子ども達の笑顔を見たら、一気に吹き飛び、
一緒にワイワイ盛り上がり楽しかったです♪

Dsc09693

子ども達には、本当にいつも元気をいただきます。
素敵な時間を過ごさせていただきまして、
本当にありがとうございました!

27日の夕方は、いつもお世話になっている
郡山のみどり書房桑野店さんへ新年のご挨拶。
その後、一昨年に夢の紙芝居づくりをさせていただいた
富田西小学校さんを尋ねました。

突然の訪問だったにも関わらず、
圓谷校長先生や教頭先生が温かく迎えてくださいました。
そして、夢の紙芝居づくりをしてくれた
当時4年生だった皆さんにも久しぶりに会う事が出来ました!

4月から最高学年になる皆さんは、突然の再会に
少し恥ずかしそうでしたが、笑顔で喜んでくださいました♪
すっかり大きく立派に成長した皆さん、是非残りの小学校生活を
思いっきり楽しんで過ごしていただきたいと心から願います。

福島の皆様、いつも本当にありがとうございます!


そして、29日は、辰島さんにお声がけいただき、
ドリプラジオ」の収録をしていただきました☆

10959588_773783702702994_2112575621

これまでも何度もラジオに出演させていただいたのですが、
「ユキちゃん成長したね!」とおっしゃっていただき、
本当に嬉しく、もっとがんばろうという意欲が湧いて来ました!

2008年のドリプラの大会以来、ずっとずっと
応援してくださっている辰島さん。
みんなの夢を応援したい!という熱い想いを
実際に行動に移せる方は今までお会いした事がありません!

辰島さんの夢が叶いますように☆
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!


さて、続いては2月のご報告を…と言いたい所なのですが、
一度、1月中で区切らせていただけたらと思います。

大変申し訳ありません!すぐに更新したいと思います!


最後に、4月に行う素晴らしい公演のお知らせです☆

4月11日に、スターリィマン美術館設立プロジェクト第2弾ということで、
東京・神楽坂の一軒家を貸し切っての朗読演奏会を開催いたします♪
詳細は、イベントページからご覧いただけますと嬉しいです。

20150411

☆イベントページはこちらから☆

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

それでは、ここまでお読みいただきまして、
誠にありがとうございましたー!!


| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »