« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月17日 (土)

2015年が明けて、早半月が過ぎました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、新年のご挨拶が遅くなりましたが、
昨年も温かな応援・ご支援を賜りまして、
本当にありがとうございました!

本年もひとつひとつのご縁を大切に、
活動と創作に力を注いでまいりたいと思います。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します!


1月10日・11日は、2015年最初の活動として、
KOBE三宮・ひと街創り協議会さま主催のプロジェクト
「KOBE夢・未来号・沖縄」に参加してまいりました。

このプロジェクトでは、神戸市内の児童養護施設の
小学校6年生の子ども達を沖縄にご招待されており、
今回で、第7回目を迎えます。

主催団体の久利計一会長とご縁をいただき、
行程の2日目、糸満のサザンビーチホテルさまで
皆さんがお昼ご飯をいただく前に、
紙芝居ライブをご覧いただけることになりました。


2011年の3月13日に、糸満の道の駅で働く藤原奈央子さんと出会い、
神戸出身の奈央子さんが、阪神・淡路大震災で被災した時のことをきっかけに
沖縄の糸満から始まったスターリィマン紙芝居プロジェクト。

あれから約4年の月日が経った今、
阪神・淡路大震災から20年という節目の年に
神戸の子ども達に紙芝居ライブをご覧いただけたこと。

本当に不思議で、感慨深い気持ちでいっぱいになりました。

このような素晴らしい機会を作ってくださった
KOBE三宮・ひと街創り協議会の皆様。
そして、色々と温かくサポートしてくださった皆様。
心から感謝申し上げます。


私一人だけ「KOBE夢・未来号・沖縄」の皆様とご一緒に
神戸空港から沖縄入りするため神戸に前泊したのですが、
かねてからずっと訪れてみたいと願っていた
「人と防災未来センター」に足を運ぶことが出来ました。
http://www.dri.ne.jp/wordpress/index.php

センタ−には、たぶん地元の小学校さんであろう
子ども達の姿がたくさん溢れていました。

見学の順番で、最初に案内されるのは、「1.17シアター」。
震災発生時の状況を迫力ある大型映像で体験出来るのですが、
この映像を制作したのは、平成ゴジラの特撮監督の川北紘一監督です。

父の影響で、ゴジラ映画を幼い頃からよく観ていたのですが、
父の大学の先輩のご縁で、小学校1年生の夏休みから、
毎年ゴジラ映画の撮影所を見学させていただいていました。

それからずっと川北監督とは親交させていただいており、
私の高校で講演会を行ってくださったこともありました。
講演会の中で、最近手掛けた映像としてお観せいただいたのが、
「1.17シアター」で上映されているこの映像でした。
http://www.dri.ne.jp/kanran/hito/digest.html

一切CGを使わずに本当にリアルに再現されており、
強い衝撃を受けたことを今でも記憶しています。

実は、川北監督は、昨年の12月上旬にお亡くなりになりました。
まだ信じられない、信じたくない気持ちでいっぱいですが、
今回、実際に「人と防災未来センター」で映像を観ることが出来、
震災を知らない多くの子ども達に震災の恐ろしさを伝え続けていることを知り、
とても嬉しく感じました。


他にも「人と防災未来センター」では、阪神・淡路大震災発生当時のことや
復興に向けての歩みなど、膨大で貴重な資料が分かりやすく発信されており、
東館の「こころのシアター」では、『東日本大震災津波の傷跡2011-2013』が
3D映像で上映されていました。

かけがえのない命を守ること、自然と共に生きるということ、
未来に、次の世代に震災の記憶と記録を語り継ぐために必要なことを
たくさん学び、知り、考えるきっかけをいただきました。


「KOBE夢・未来号・沖縄」の2日目の午前中には、
沖縄戦時、最後の官僚知事として沖縄県知事を務めた
神戸出身の島田叡氏を祀る「島守の塔」や「平和の礎」を参拝しました。


今日で、阪神・淡路大震災から20年。
あと2ヶ月弱で、東日本大震災から4年。
そして、終戦から70年。

戦争や震災をはじめ、この世の中で起きている様々な悲しい出来事。
今も尚、人々を苦しめる辛い過去の記憶。目に見えない心に負った深い傷。

決して目を背けたくないけれど、でも目の前にするとどうしたらいいか分からず、
身動きが出来なくなって、何も言葉が出て来なくて…

でも、真っ暗闇の中に灯る微かな光のように
絶望から僅かでも希望を感じていただけるような何かを、
これからも伝え続けていけたらと、心から思います。

そして、こうした歴史の中で出会うことの出来た
お一人お一人とのご縁を、その奇跡のようなつながりを
未来を担う次の世代のためにつないでいけたらと願います。


日々の中でお伝えしたいことがたくさんあって、
いつもまとまりきれず、更新もままなりませんが、
今年も是非お付き合いいただけますと嬉しいです。

それでは、2015年が皆様にとって、
たくさんの幸せに溢れた一年でありますように…☆

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »