« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月11日 (金)

生きる希望を、勇気を、夢を、ありがとう!

皆様、こんにちは。はせがわいさおです。

いつも私達家族三人の活動を温かく応援していただきまして、
本当にありがとうございます。

さて、本日で震災から8ヶ月の月日が経とうとしています。
私にとって、3月11日からの一日一日、一瞬一瞬は、
画家としての役割、自分自身の使命を真摯に見つめ直し、
深く考えさせられる日々でした。

そんな中、私にとって衝撃的な出会いがありました。

震災後、悲惨な被災地の現状が次々に報道される中、
テレビに映し出された陸前高田の一本の松の木に、
私は心を大きく揺り動かされました。

あの大津波にも耐え、たった一本だけ残った松の木の姿は、
今を生きる私たちにとって、希望の象徴のように思えました。

ただひたすら絵筆を取り、祈る想いをこめて、
「夢をつなぐ希望の道」という一枚の作品を
イマジネーションだけで描きました。

1

「夢をつなぐ希望の道」
 
 今を生きる私たちは
 どんな時でも
 「希望」「元気」「勇気」「夢」「愛」
 「友情」「未来」「信頼」「幸せ」の
 夢を叶える9つの風船を持って
 夢をつなぐ希望の道を 歩いて行こうよ
 
 かけがえのない大切な
 愛するふるさとのために
 未来を輝かす子供たちのために               
 
 〜タイトル・お話 はせがわ芳見〜

私たちは荒野に立つ一本松でもあり、
希望の朝日に向かい一人歩く、スターリィマンでもあります。

今を生きる一人一人が、スターリィマンになって、
夢を叶える9つの風船をお互いに届け合いながら、
希望の道を照らし続けてほしいとの願いを込めました。

希望、元気、勇気、夢、愛、友情、未来、信頼、幸せの
夢を叶える9つ風船を持って、一歩一歩進んだ未来には、
きっとたくさんの幸せの花たちが咲くことでしょう。
明日を信じる事の大切さや、夢が持つ無限の輝きを、
この作品から感じていただけたら幸いです。


そして、8月2日。
「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の活動で
私たちは、陸田高田のあの一本松に会う事ができました。
 
爪痕残る陸田の海岸に、一本の松は、
しっかりと海を見つめて立っていました。
松の心の声が聞こえて来ました。

現状のすべてを受け止め、一人ここにいる松の命の声は、
私の心に新たな作品を描く思いを、大きく確かなものにしてくれました。
こうして9月に生まれたのが「夢をつなぐ命のきずな」の作品です。
 
Yume_inochi_3

10月1日に開催した「ゆめふるさと春まつり公演」で、
祐希の朗読に合わせて、ことちゃんが美しい篠笛を吹いてくれて、
作品に新しい息吹が吹き込まれたような気がしました。

E381afe3819be3818ce3828fe38395e382a

この作品に込めた想いは、
かけがえのないふるさとや、次の世代を担う子ども達のために、
どんな時も心をひとつに、夢を分かち合い、支え合い合うことで
みんなが幸せになる未来を築いていけると信じる心。

そして、先人達の夢。今を生きる私達の夢。
数え切れない多くの夢が受け継がれ、未来を創り続けて行く。
命をつなぐ事の尊さ、命をつないでくれたすべてへの感謝です。

その後、「夢をつなぐ希望の道」「夢をつなぐ命のきずな」の
2作品を観てくださった方々から多くの反響をいただき、
完成した作品達を「復興祈念版画」として展開する事にしました。

震災復興への祈りとふるさとへありがとうの感謝を込めて、
本日より「復興祈念版画」第一弾の発売を開始致します。

01_a

【復興祈念版画☆第一弾】「夢をつなぐ希望の道

01_bjpg_5

【復興祈念版画☆第一弾】「夢をつなぐ命のきずな

この版画の収益の一部は、被災地の復興の為に大切に役立ててまいります。
詳細やお申し込みは、こちらのリンク先をご覧ください。


ある方が、8月に三人でこの松に出会えたのは、
「夢をつなぐ希望の道」を描いたからだね。
と、言ってくださいました。

その言葉を聞いて、松に出会えるまでのご縁を、
一つ一つさかのぼっていくと
すべてのご縁に、ただただ感謝感謝でいっぱいです。


私は、2009年に絵画活動30年を迎えた時から、
自分を支え、育ててくれたふるさとへ感謝の気持ちをこめて、
日本の原風景の中を旅するスターリィマンを描いてまいりました。

作品を通して、日本の美しい心、心の原風景の輝きを
未来へ届けて行きたいと願う私達の想いや決意は
東日本大震災によって、より強く確かなものとなりました。

私達三人が、スターリィマンの活動を通して、
これからの未来の為に、今できる事のひとつとして、
「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の活動で訪れた
被災地で心に残った風景や出来事を、
スターリィマンの絵とお話の作品として描き、
皆様にお伝えする活動を行ってまいります。

夢を叶える9つの風船に願いを込めて、9作品描いた後は、
全作品を一同に展示する展覧会を日本各地で開催する予定です。
いつかは世界中の人々にも素晴らしい日本の姿を伝えたいです。

真っ白いキャンバスからはみ出るくらい大きな夢を想い描き、
皆様とその夢を分かち合える日を楽しみにしております。


段々と冷え込みが厳しくなっている中、東北の皆様の健康状態が心配です。
どうか御身体をお大事になさってください。

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

はせがわ芳見が綴る☆スターリィマンと家族三人の軌跡 〜その1〜

こんにちは、はせがわ芳見です。

本日、2011年11月5日で、初めてのスターリィマンの作品
「ユキへのおくりもの」が生まれて、早24年になります。

あと一年で25年。
そして、私達の夫婦となって30年になります。

この際月の中で、日々成長し育んで来た私達家族の原風景。
今、色々と巡って、私の中で走馬燈にように輝きはじめました。

私は、25周年という節目を迎える前に、
今までの創作の思いを振り返り、綴ってみたいと思いました。
そして是非、皆様にも聞いて頂けたら嬉しく思っています。

さぁ!これから、2012年11月5日迄の一年間を
スターリィマン創作思い出25周年と題して、おしゃべりしていきます☆
ご一緒に楽しみながら、お読み頂けたら幸いです。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします!

----------------------------------

スタ−リィマンが初めて描かれた
「ユキへのおくりもの」を描いた1987年。

私とはせがわは、結婚して5年。
ユキが生まれてちょうど3年でした。

はせがわは、画家を目指しながらも、生活のために、
イラストレーターとして出版物や広告代理店からの仕事や
専門学校の講師なども務めていました。

しかし忙しい仕事の中でも、春の公募展「中美展」、
冬の公募展「現代童画展」には必ず出品し、
自分のオリジナル作品を創作し続けていました。
年一回の個展や数回のグループ展なども開催していました。

この「ユキへのおくりもの」は、
毎年、東京都美術館内で12月に開催される
公募展「現代童画展」に出品した作品でした。

私はこの頃、母親(育児)、嫁(家事一切)、
娘(里の母の看病通院)としての日々に追われる中、
塾や病院でパートの仕事をしながら、
作品のタイトル制作、個展等準備を行っていました。


1989年に、はせがわの絵画活動10周年記念展を開催。

この頃、はせがわは、仕事と画家の夢の両立に葛藤し、
自身の創作のテーマにや将来に迷っていた時期でした。

そんな時、私の里の両親の支援を受けて、
思い切って家族三人でヨーロッパへ出かけました。

ドイツ、オーストリア、スイス、フランスを三週間周り、
ヨーロッパの美しい風景や光や風や空気を浴び、
大好きな印象派の画家たちの作品との出会い。

何よりも多くの感動によって、
画家としてのはせがわの魂が目覚めたようでした。

今思うと、こうして今のように家族三人で
コミニュケーションアートを創作するための
旅のはじまりだったのかも知れません。

そして、ヨーロッパから帰った後、
私は、はせがわのイマジネーションが広がって、
作品創作が少しでも生まれてほしいと願って、
地球再生の為に愛の星を届けるスターリィマンの作品、
物語「ヒューマン☆ズ LOVE」を書き始めました。

----------------------------------

この続きは次回へ☆

| | コメント (0)

♪本日11月5日は、スターリィマンの誕生日♪

いつも応援してくださっている大切な皆さまへ
〜心からの感謝の気持ちを込めて〜


こんにちは!はせがわ祐希です。

世界中にたくさんの方がいらしゃる中で、
こうして有り難いご縁をいただけた事。
いつも温かく応援してくださっている事。

本当に本当に心から感謝致します。


本日、11月5日は、私にとって
スターリィマンと初めて出会った
かけがえのない特別な日です。

私の三歳の誕生日プレゼントを
届けに来てくれたスターリィマン。

あれから、24年の月日が流れました。

これまで、スターリィマンは
どれ程の愛を輝きを夢を
届け続けてくれたことでしょう。


そして来年、スターリィマンは、
生誕25周年という節目を迎えます。

ずっとずっと皆様に愛され、
支えていただいたおかげで
素晴らしい今につながっている事。

言葉では言い表せないような
感慨深い感動と感謝でいっぱいです。

本当にどうもありがとうございます。

スターリィマンの夢を叶える9つの風船
「希望」「元気」「勇気」「夢」「愛」
「友情」「未来」「信頼」「幸せ」

ひとつひとつが 命の輝きや
未来をつくる大切な贈りもの

世界中が家族のような
温かい心でつながる贈りもの

両親は、本当に素晴らしい作品を生み出し、
創り続けていてくれたんだなぁと
今、改めて実感しています。


そして、活動を通して最近特に感じるのは、
スターリィマンの風船を必要としている方が
とてもたくさんいらっしゃる事です。

私一人の力で出来ることは限られていますが、
私は、もっともっとたくさんの方に
スターリィマンの作品を届けたい。伝えたい。
そう強く思っています。


今、前が見えなくて不安でいっぱいでも
想いがカタチにならなくてもどかしくても

いつの日か積み重ねてきたすべてつながって、
待ち望んでいた輝く瞬間が訪れるを信じて、

これからも一歩一歩 未来に向かって
皆様と共に歩んでいきたいです。

皆様と出会えて、今を生きられて
私はとてもとても幸せです。

どうかこれからも温かく見守ってください。
どうぞこれからもずっとよろしくお願い致します。


2011年11月5日

一年に一度 一生に一回の
今日という大切な一日に

大切で大好きな皆様へ
心からの感謝の気持ちと

穏やかで幸せな未来への
祈りを込めて…


はせがわ祐希
スターリィマンより

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »