« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月16日 (日)

深まる秋、実るご縁に心から感謝☆

こんにちは☆
いつも温かい応援をありがとうございます。
10月も半分を過ぎ、秋が深まってまいりましたね。
皆様、いかがお過ごしですか?

私達は、10月1日の公演を終えてから、
また次へ進む準備を重ねる日々を送っています。

足元を見つめ直したり、周りを見渡したり、
近い未来、遠い未来をイメージしてみたり…

視点を変えると本当に様々な風景が見えてきて、
大切な事や目指すべき方向を見失わないよう
今後、何をするべきかを静かに考えています。

ひとつひとつ確かめながら慎重に進みたい、
でも足踏みしていたら何も始まらない。
決断し前に進んで行くのは、とても難しいです。

そんな中、いつも次の機会を与えてくださったり、
迷っている時に、背中を強く押してくださる方々に、
私達の活動は支えられている事を改めて実感しています。


さて、本日はいくつか嬉しいご報告をしたいと思います!

まず、父が描いた陸前高田の一本松の作品に
たくさんの方々が共感してくださって、
今、色々なカタチで皆様に観ていただく機会を
与えていただいている所です。

1

一つ目に、いつも私達の活動を応援してくださっている
株式会社シップの小松社長さんが、
会社設立10周年を記念するパーティーで
この作品のフレームをご来場のお客様にプレゼントとして
お渡しいただく事になりました。

朝日に向っているスターリィマンの姿や松の姿が
まさに今の自分自身の気持ちを表していると言っていただき、
その想いに私達もとても感動しました。

いよいよ明日開催される、会社設立10周年パーティーと共に、
小松社長さんが代表をなさっているHaLAフォーラムの講演会には、
なんと日本理化学工業の大山泰弘会長さんがご登壇されます!

 「HaLAオープンフォーラム/株式会社シップ10周年感謝交流会」
110917b

110917c


8月のキットパスのイベント際に、お二人のご縁がつながり、
このような素晴らしい機会が出来た事をとても嬉しく思っています。
喜びの感動をどうもありがとうございます!

 「被災地に9つの風船を届けるスターリィマン/2011.08.20」
Renewal_header03_2


そしてもうひとつは、私も2008年にプレゼンターとして出場した、
「ドリームプラン・プレゼンテーション2011」のイメージとして、
チラシやパンフレットなどにお使いいただく事になりました。

父の色々な想いが込められている作品だったので、
ドリプラの中心スタッフであるKさんから
お話をいただいた時、実はお断りしようと考えていたのです。

しかし、Kさんの作品に対する熱い真摯な想いをお聞きして、
この作品が被災地の方々や、これから夢を叶えていく方々にとって
少しでも希望となっていただいたり、心をひとつにつないでいく
そんな力になれれば、と切に願う気持ちが生まれました。

月日が経っても変わらずに関わらせていただける事、
方法・手段は違えども、同じ目的や夢に向える事が本当に嬉しいです。

ドリプラ2011は、12月9日(金)に予選大会が行われ、
予選から選ばれた8名の方が、翌日12月10日(土)に
東京ドームホールで開催される本選大会に出場します。

是非、ご一緒に感動のプレゼンテーションを体験しませんか?
きっと皆様の人生が大きく変わる出会いがあると信じています。

 「ドリプラ2011の詳細」 http://drepla.com/


そして、来週10月23日(日)には、沖縄の大切な友人が、
ご自身のバレエスタジオの発表会で、
スターリィマンの世界をバレエで表現してくださる事になりました!

 ------------------------------

 緑間バレエスタジオ 第5回 発表会
 「スタジオ・パフォーマンス2011」     
 日  時:2011年10月23日(日)
 会  場:那覇市民会館 大ホール
 開  演:17:00(予定)
 主  催:緑間バレエスタジオ
 チケット:1,900円(当日券共に)
 ※ささやかながら、会員の稽古発表会を開催致します。
  どなたでもお気軽にご覧頂けます。
 詳 細 http://www.midorima-ballet.com/studio_stage.html

 ------------------------------

何が何でもスターリィマンの舞台を観たい!と願い、
私達は発表会の為に沖縄に行く事を、即決意。

せっかく沖縄に行くのであれば…と
紙芝居プロジェクトの打ち合わせやイベントや報告、
その他の打ち合わせなど、色々と予定を入れました。
またまた盛りだくさんな沖縄滞在になりそうです。

「美しいバレエでスターリィマンの世界を…」
これは、ずっとずっと母の憧れであり夢でした。

それは以前、私と母に茶道を習っていた際、
先生に教えていただいた言葉が深く心に残っているからです。

 「美しいものは、何を育てると思いますか?」
 「美しいものは、美しい“心”を育てるんですよ。」

私達も大人から子どもまで、日本中、世界中の人々に
美しい心を育んでいただけるようなスターリィマンの作品を創作し、
伝えていく活動をこれからも続けていけるようにがんばりたい、
と改めて今、強く願い、思っています。


そして、ここではまだ詳しくお伝え出来ませんが、
福島県の印刷会社さんと震災で被災した福島県のペット達を守る為の
チャリティーカレンダーの企画が、現在着々と進んでいます!!

今月末には、また福島県で紙芝居のイベントを行ってまいります。
詳細 http://odekake.ocn.ne.jp/detail/index.php?id=10057152
※「ROCK’S 2011&Handmadeてごころ」さんのイベント内で、
 紙芝居の上演とグッズ販売を予定しております☆

こんなにもスターリィマンの作品を愛してくださったり、
必要としてくださっている方々が日本全国にいらっしゃる事に
この場をお借りして、心から深く感謝いたします。
本当にどうもありがとうございます。

また皆様へ素敵なご報告が出来るように三人でがんばりますので、
これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

それでは、段々と肌寒くなってまいりましたので、
御身体お大事になさってくださいね☆

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

【9月22日/紙芝居プロジェクト】福島市「うめご保育園」さん&郡山市「みどり書房」さんへお贈りして来ました☆

福島での二日目、22日の朝は、祖父のお彼岸のお墓参りをして、
感謝の気持ちと近況や福島での活動のご報告をした後に、一路福島市へ。

道中、磐梯山と田園風景の中に美しい虹が!
思わず「わぁ!」と歓声を上げて車を停めました。
そして今日もみんなに笑顔をたくさん届けようね♪と
三人で誓い合いました。

Cimg6254

午前中には、宅配パンの「ら・さんた」さんのご縁でつながった
福島市「うめご保育園」さんで紙芝居を行いました。

地元の新聞社の方やテレビ局の方もお越しいただき、
とってもにぎやかな雰囲気の中、手をたたいたり
楽しそうな笑い声をあげながら聞いてくれたみんな。

Cimg6273

Cimg6285

Cimg6313

Cimg6346

Cimg6355

紙芝居が終わった後は、「ら・さんた」さんから
パンとお菓子のプレゼントがありました☆よかったね♪

Cimg6358

ちょうどお誕生日だった先生に、ストリートオルガンの
「Happy Birthday」の演奏に合わせて大合唱♪
サプライズにうるうるしてしまった先生。

Cimg6367

先生、おめでとうございます!
いつも子ども達を懸命に守ってくださって
本当にどうもありがとうございます☆


Cimg6374

片付けを終えて帰る時に、子ども達が一生懸命
粘土で風船の形を作ってくれていました!これには大感激!

Cimg6376

「私はくまー!」「僕は星だよー!」
とみんなから「ねぇこっちも見てみてー!!」の嵐。
子ども達の心に風船が届いてくれたんだなぁと
本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。


うめご保育園さんの園庭には、一面に
青いビニールシートがかかっていました。
放射線の除染作業を行っている最中だからです。

目に見えない恐怖と毎日闘っている事を目の当たりにして、
みんなが元気に心配なく自由にお外で遊べる日が
一日でも早く来てほしいと心から強く思いました。
それまで、スターリィマンの紙芝居で遊んでくれたらいいなぁ。
今度は一緒にお絵描きをしたいなぁと、子ども達との再会を願いました。


お昼には、「ら・さんた」さんと一緒に福島市内の素敵なお店
『イブの森』さんで自然食のご飯をいただきながらお話しました。

Cimg6378

忙しい中でも私達の為に、大切な地域の方々の為に
色々と動いてくださった皆様には、感謝してもし尽くせません。

食後に『イブの森』さんのオーナーさんと意気投合し、
急遽紙芝居をお聞きいただく事に…!

Cimg6387

森に囲まれた中での紙芝居。
とっても雰囲気が良くて素敵でした。

いつかここで紙芝居をやりましょう!なんてお話も盛り上がり、
こうして素敵な出会いをいただけた事に感謝です。

Cimg6402

「ら・さんた」さんの鈴木社長さん、由美子さん、
何から何までお世話になりまして、本当にどうもありがとうございました!

Fukushima_0923_4

 「福島民友新聞社」さん9月25日掲載

 「ら・さんたの日記」 http://lasanta.jp/index2.html


夕方からは、郡山市のみどり書房さんで紙芝居。
その道すがら、何やら見覚えのある看板が…!

Cimg6411

実は、私が大学卒業してすぐにロゴをデザインさせていただいた
福島市の「さとうクリニック」さん。

Cimg6409

休憩中にも関わらず、佐藤先生にもお会い出来てとっても嬉しかったです。
待ち合い室には、スターリィマンの絵も飾っていただいています。
佐藤先生、お会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました!


次に向ったのは、郡山市にある「みどり書房 桑野店」さん。
沖縄にあるTSUTAYA那覇新都心店さんの知念さんに
ご縁をつないでいただき、開催出来る事になりました。
知念さんは、沖縄からいつも私達の活動を応援してくださっていて、
遠く離れた沖縄でも、心の距離はとてもとても近く感じます。


前日の台風の影響で、ひどい交通渋滞にはまってしまい、
ギリギリの到着となってしまいましたが、
明るく親切に迎えてくださったみどり書房の皆様に感謝…!

震災の時に、店内スプリンクラーが作動してしまった為に、
6月にようやく再開する事が出来た店内はとても広くてきれい!
本やDVDが見やすい間隔で並び、カフェも併設されている為、
大人から子どもまでたくさんの人で賑わっていました。

紙芝居をやらせていただいた児童書コーナーも
かわいいイスやテーブルが置いてあって、
私達が到着した時はすでにお座りして待っていてくれました。

紙芝居の準備している間にも、「いつも本屋さんに来るの?」
「昨日の台風大丈夫だった?」「どんな本が好き?」
「じゃんけんしよっか!」とみんな気さくにお話してくれました。

仲よくなった所でさぁスターリィマンの紙芝居の始まりだよ☆

Cimg6415


Cimg6421

Cimg6434


みんな真剣に聞いてくれたり、お母さんや兄弟たちと一緒に
風船のお歌や手遊びを楽しんでくれました。

Cimg6431


Cimg6432

みどり書房の鈴木主任さん、佐藤さん、大変お世話になりました!
また是非ご一緒にイベントをやらせていただけたら嬉しいです。

イベント終了後、みどり書房さんのすぐ近くにある
「郡山女子大・短期大学」さんのみい先生が会いに来てくださいました☆
2009年に講演会をやらせていただいてから、
ずっとずっと温かく応援してくださっている、みい先生。

書店のすぐ目の前にあったレストランに入り、
みい先生とお話していると…わぁ!花火のサプライズデザートが!!

Cimg6440


何と以前郡山でイベントを行った際に色々とお世話になった
(株)夢成」の鈴木社長さんが経営しているお店でした!

Cimg6441

Cimg6443

いつもみんなが喜ぶことを真剣に考えているスタッフの皆様に
感動、感激、感謝でした!どうもありがとうございました!!


この二日間を通して、福島の皆様との素晴らしいご縁に
大きく支えられている事に改めて感謝しました。
いつもたくさんの風船を届けてくださっている皆様に
これからも風船をお届け出来るようにがんばります!

またお会い出来る日を楽しみにしています☆☆☆


後日、「ら・さんた」さんの鈴木社長さんから
24、25日に「ら・さんた」さん社内で行われた
『秋のファミリーキャンプin猪苗代・二本松』では、
社員の方々が紙芝居を子ども達に読んでくださったとの
ご報告をいただきました☆

 9月24日(土)~25(日)「秋のファミリーキャンプ写真日記」
 http://lasanta.jp/cgi-bin/diary/index.cgi?page=0

今月末にも福島の須賀川でのイベントで
紙芝居を是非とのお話をいただいています。
積極的に動いてくださる皆様に、脱帽です。

「ら・さんた」さんの皆様、素敵すぎます!
もう皆様は、スターリィマンの中のスターリィマンです☆

Cimg6258

| | コメント (0)

【9月21日/紙芝居プロジェクト】福島県「いわき幼稚園」さんへお贈りして来ました☆

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、
9月21日から22日に、福島県いわき市、会津坂下町、
福島市、郡山市を訪れ、紙芝居をお贈りしてまいりました☆

急遽、決まった強行軍な日程にも関わらず、
直前まで紙芝居のお届け先を探してくださった皆様、
それぞれの場所で温かく迎えてくださった皆様、
私達の活動を取材をしてくださった報道陣の皆様に、
心から御礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございます!

おかげ様で、二日間とは思えない程
とっても充実した素晴らしい滞在となりました。

21日の午前中は、スターリィマンの作品を
大切に想ってくださっているSさんの息子さんが通っている
いわき市の「いわき幼稚園」さんにお伺いしました。

元気いっぱいの園児のみんなは、
もうすでにSさんから贈られた紙芝居を
先生方から読んでいただいていて、
「スターリィマン?知ってるよー!」と
大きな声で話かけてくれました☆

Cimg6228

Cimg6230

Cimg6236

みんな一列に並んで、静かに聞いてくれてどうもありがとう☆
Sさん、素敵なご縁をつないでいただき、本当にありがとうございました!

いわき幼稚園さんには、児童・青少年演劇『劇団ポポ』の
代表の古内亨さんがお越しくださいました。

古内さんは、いわき市で46年も子ども達の為に演劇をなさっていて、
「ら・さんた」さんのご縁で私達の活動をお知りになり、
たまたまいわき市に訪れる前に、ご連絡してくださったのです。

古内さんから、11月27日(日)に小名浜公民館で開催される
『劇団ポポ』さんの「プレゼント公演」で
是非、紙芝居をやってください!とのお話をいただきました☆
また福島の皆様にお会い出来る機会をいただき、本当に嬉しく感激です!

古内さんのご自宅も被災して大変な毎日を送っている中でも、
地域の為に、子ため達の為に、演劇を通して笑顔を届けたい!
キラキラした目で熱く語ってくださった古内さんの想いに
深く感銘を受け、勇気をいただきました。
11月にご一緒させていただく事を楽しみにしております!


そして、その後は震災による高速道路の工事や交通規制で
行く手を阻まれながらも、何とか父の故郷、会津若松へ。

夕方からは、会津坂下の鈴木さんファミリーの御宅へお邪魔して、
美味しい郷土料理をおもてなしいただいたり、
震災後のお話をお聞きしたり、紙芝居を楽しんでいただいたり、
とても温かくて楽しい時間を過ごさせていただきました。
鈴木家の皆様、いつも親戚のように温かく迎えてくださって
本当にどうもありがとうございます。

この時、台風の影響で福島県内も相当な被害が出ていましたが、
不思議なくらい穏やかで何かに護られているような感じでした。

一日目もたくさんの方々に支えられ、無事活動出来た事に
心から感謝でいっぱいの三人でした。

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

【ゆめふるさと春まつり公演】そしてこれからも旅は続く…

長らくご無沙汰してしまい、申し訳ありません。

ブログを更新する気持ちのゆとりのないまま、
バタバタと10月も中旬になってしまいました。
皆様、お元気でいらっしゃいますか?


先月の終わり位から咲き始めた自宅の金木犀が、
もうオレンジ色の絨毯を作っています。
朝晩のひんやりとする風、ふと見上げた空は澄み渡り、
もう秋なんだなぁとしみじみ感じる今日この頃です。

111003_141251


さて、先日10月1日(土)は、延期となってしまった
「ゆめふるさと春まつり公演」を無事開催する事が出来ました。

公演に足をお運びくださいました皆様方、
本当にどうもありがとうございました!


舞台上には、「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜」の
4枚の作品の200号の原画と
希望の朝日に向うスターリィマンと一本松の作品
「夢をつなぐ希望の道」を掲げました。

Cimg6490

E381afe3819be3818ce3828fe38395e382a


この作品は、震災直後、悲惨な被災地の現状が報道される中、
テレビに映った陸前高田の一本松の姿に心を打たれた父が
インスピレーションを受けて描いた1枚です。

日本フォーム印刷工業連合会さんのご協力の元、
大きく拡大して印刷していただきました。
有り難いご支援をありがとうございました!


Cimg6493

本来4月に行うはずだった公演のシナリオを全て書き直し、
ギリギリまで修正を繰り返しました。

E381afe3819be3818ce3828fe38395e38_2

E381afe3819be3818ce3828fe38395e38_3

急な変更にも快く臨機応変に対応して、
いつも美しい笛の音で支えてくださった
ことちゃんには本当に心から大感謝です!

ことちゃんの篠笛が大好きです!!


そして、8月上旬に紙芝居プロジェクトの活動で
実際に陸前高田を訪れた際に、一本松と向き合い、
絵とお話を描きおこした作品。「夢をつなぐ命のきずな」

E381afe3819be3818ce3828fe38395e38_4

どんな事があっても、諦めないで、力強く、
今を生きて、夢を命をつないでいってほしい。

言葉では言い表せない私達の祈るような想いが
どの作品にもいっぱいいっぱい詰まっています。


そして今回、初めての試みとして
「豊栄の舞」を舞いました。

E381afe3819be3818ce3828fe38395e38_5

この舞には、自然や神々からの恵みに感謝し、
人々の幸せや平和の祈りが込められています。
歌詞の一言、一言が素晴らしくて感動します。

 一、 あけの雲わけうらうらと
   豊栄昇る朝日子(あさひこ)を
   神のみかげと拝(おろが)めば
   その日その日の尊しや
 
 二、 地(つち)にこぼれし草のみの
   芽生えて伸びて美(うるわ)しく
   春秋飾る花見れば 神の恵みの尊しや


氷川神社の遠藤さんに今回は舞に挑戦してみては?と
初めに勧めていただいた時は、正直戸惑いもありましたが、
とても有り難い機会をいただき、とても感謝しています。

Cimg6499

熱心にご指導してくださった上に、
一緒に舞っていただきました元氷川神社の巫女さんのさやかさん、
本当にありがとうございました!


最後には、「故郷」の歌を一番から三番まで
会場の皆様と一緒に声を合わせて歌いました。

目を閉じながら歌っていた皆様の心の中には、
どんなふるさとの風景が映し出されていたのでしょうか…


この「ゆめふるさとまつり」シリーズの公演は、
ふるさとを愛し、誇りに思う心をアートでつなぎたいと願い、
昨年の7月から、私のふるさと大宮にて、
篠笛のことちゃん、武蔵楽所の皆様と共に
夏・秋・冬・春と全4回公演してまいりました。

回を重ねる毎に成長していった内容。
3月の大震災を経て、より一層想いが深まり、
春公演はシリーズ最終公演に相応しい、
今までの集大成と次につながる公演となりました。

これまで多くの方々に支えていただきながら
開催してきた一回一回を振り返ると、
感謝の気持ちが止めどなく溢れて来ます。

「ゆめふるさとまつり公演」に関わってくださった
すべての皆様にこの場をお借りして、心から御礼申し上げます。
本当に本当にどうもありがとうございました!

※公演にお越しいただいた、瀬戸川礼子さんと鬼澤慎人さんが
 ブログでご紹介してくださいました☆
 とっても嬉しいです!どうもありがとうございます!

 礼子さんのブログ「Kireigoto-de-iko!」
 http://76653926.at.webry.info/201110/article_3.html

 鬼澤さんのブログ「鬼っ子日記」
 http://ameblo.jp/onikko-nikki/entry-11035539768.html


 尚、このブログに掲載した写真の一部は、
 礼子さんからお送りいただいたものです。


大宮での公演はこれで完結となりましたが、
これからもこの「ゆめふるさとまつり」は
継続的にご縁のある場所で開催していく予定です。

そして今回、発表させていただいた松の作品のように
紙芝居プロジェクトを通して訪れた各被災地の風景を
作品として描き、皆様にお伝えしてまいりたいと思います。

今、被災地だけでなく日本中がとても苦しい状況にあります。
それでも、決して落胆する事なく、未来の可能性を信じて、
明日へ生きる力、希望や夢を、素晴らしい一日一日を
作品や活動を通して、多くの皆様と共に分かち合いたいです。

目指す方向を真っすぐと見つめながら。
一歩一歩、足元を確かめながら。
日本中のきずなをつなぐスターリィマンの旅は
これからも続いて行きます。

いつかまた皆様に夢を叶える9つの風船を
お届けできる日を楽しみにしています!

E381afe3819be3818ce3828fe38395e38_6

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »