« みんなの笑顔の花が咲きますように | トップページ | ストリートオルガンと素敵な出会い »

2011年4月 8日 (金)

春の訪れ

いつもありがとうございます。
はせがわ祐希です。

日に日に暖かな陽気となり、
気がつけばたくさんの桜の花が…

道行く人々が上を見上げて、
目を細めている様子にほっと心が和みます。
もう季節は春です。

April

毎日、書き留めきれない、上手く言葉に出来ない
でも伝えたいたくさんの出来事があってぐるぐるしています。

今日は出来る限り書きたいと思います。


先日、4月1日の夜は都内で開催された
「ドリプラジオ -for your smile-」の
チャリティ講演会に参加してまいりました。

 【当日のレポート/「ドリプラマガジン」より】
 http://www.drepla.com/magazine/articles/000232.shtml

広い会場には、この講演会を通して
何か明るい希望や、自分自身の心の答えを
探したい、見つけたいという強い意識の方々が
たくさんたくさんいらっしゃっていました。

参加者の皆様が、会場の入り口に向かって
外の暗闇の中から駆け込んでくる姿は
まぶしいほどに輝いてみえました。

人は心に強い意志と、前に進む力を持つ事で
こんなにも温かく輝いて見えるという事に
私は今回改めて実感し、驚き、感動しました。

この時、この場所にいさせていただけた事、
皆さまに出会えた事に胸が熱くなりました。


今回のチャリティ講演会に福島県福島市から
駆けつけてくださった半田さん。

「福島の安心を守る会」を立ち上げられ、
愛する福島を守るために葛藤に苦しみながら、
日本全国で現状と想いを伝え続けています。

 「福島の安心を守る会」
  http://www.safe-fukushima.com/

 「福島の安心を守る会」は、福島県の風評被害を吹き飛ばし、
 放射線の目に見えない恐怖に立ち向かうために、
 放射線測定器を購入し、独自での測定情報をお伝えしています。
 
 「活動報告ブログ」
  http://ameblo.jp/safe-fukushima/

 「放射能測定器購入支援募金プロジェクト」
  http://www.safe-fukushima.com/pdf/SafeFukushimaProject01.pdf

いつも着ぐるみを着て、マジックをしたり、冗談を言って、
楽しませ笑わせてくださった福島のスターリィマンの皆さま。

 福島市から飲食で福島を元気に!
 市内の避難所で炊き出し活動やゴミ拾い活動を継続中!
 ☆吉成さんのブログ☆ http://ameblo.jp/hirohaku/

 福島市からほっとする情報を発信中!
 「福島の安心を守る会」
 ☆半田さんのブログ☆ http://ameblo.jp/egaosinji/

 福島市から避難所でこころのケアの活動や
 「被災地支援都市交流プロジェクト」を行っている
 ☆阿部さんのブログ☆ http://pluck.cocolog-nifty.com/blog/

 郡山市から飲食で福島を元気に!
 市内の避難所へ炊き出し活動や救援物資を届けている
 ☆鈴木さんのブログ☆ http://www.youmenaru.com/youmenaru_blog

 郡山市から福島県内のライフライン情報を独自に発信している
 ☆堀内さんのブログ☆ http://ameblo.jp/adica/


大切な福島をたくさんの愛で
みんなの笑顔を輝かせるために
希望や元気、勇気、信頼、友情…
毎日、毎日、風船を届け続けています。

皆様のさしさ、温かさに救われている人達が、
たくさんたくさんいると思います。

私もその一人です。
本当に本当にありがとうございます。


そして、私の尊敬する方々も日本復興の為に
日々活動されたり、メッセージを発信されています。

まず、私の祖父の暮らしている母の故郷、
茨城県で「がんばっぺ!茨城」を合い言葉に
震災の被害から立ち上がる活動を行っている
鬼澤慎人さん。

 「がんばっぺ!茨城」☆鬼澤慎人さんのブログ☆
 http://ameblo.jp/onikko-nikki/

4月1日のチャリティ講演会に残念ながら
駆けつける事が叶わなかった鬼澤慎人さんから
受け取ったメッセ−ジをお伝えいたします。

-------------------

 祐希さん

 こんばんは。
 私も明日は行きたかったのですが、行けません。
 私の分も茨城のことをよろしくお願いします。

 お願いしたいことは1点。
 今、茨城の農産物は風評被害で大変なことになっています。

 確かに基準値を超えているホウレン草は、
 しっかりと出荷停止にしています。

 ただ測定して大丈夫な野菜、果実、さらには
 3月11日前にできているお米やお酒まで、
 茨城県産ということで返品されたりして、
 茨城県内の農業関係者は多大なる損害を被っています。

 このまま続くと、茨城県全体として大変なことになります。
 ぜひそのあたりのお話をしてもらえれば幸いです。
 よろしくお願いします。

 がんばっぺ!茨城

-------------------

また4月13日(土)には、鬼澤さんが主催する
茨城を元気にするイベント「あしたのフォーラム」が開催。
記念すべき第1回目は『一歩を踏み出す勇気』をテーマに、
テラ・ルネッサンスの鬼丸昌也さんが講師を務められます。

 「第1回 あしたのフォーラム 「鬼丸昌也氏 講演会」詳細
T02200311_0800113211148314317

T02200311_0800113211148466091

  ☆「あしたのフォーラム」スタッフさん日記☆
  とっても素晴らしい熱意に溢れています…感動!
  http://ameblo.jp/ashitanoforum/

 ☆鬼丸昌也さんのブログ☆
 http://blog.livedoor.jp/tokotowa_99/

 ☆この難局から立ち上がる為に「ともにつながろう」☆
 「ともつな基金」 http://www.terra-r.jp/site/tomotsuna/

 
3月末日に、いつも家族ぐるみでお世話になっているNくんから
警視庁から機動隊に異動になったとメールをいただきました。

そして昨日のテレビのニュースで、
福島第一原発の半径20キロ圏内の南相馬市で
警視庁の機動隊による行方不明者の捜索活動が
本格的に始まったと報道されていました。

 【TBSニュース「半径20キロ圏内」、警察に同行取材】
 http://news.tbs.co.jp/20110407/newseye/tbs_newseye4694257.html


今日もどこかで命を懸けて私達の安心を、
未来を守ってくれている人達がいる。

周りの状況に動揺し、不安を抱えながらも
今出来ることを必死に探そうとしている人達がいる。

何も出来ないことに憤りを感じ
自分自身を責め続けている人達がいる。

それぞれが前を向こう、一歩を踏み出そうと
必死にもがき苦しんでいる。

目の前の現実と向き合い、葛藤しながら、
それぞれに過去を背負いながら
一人一人が輝きながら生きている。

世界中の一人一人が、誰かのために、何かのために
暗闇を照らし、風船を届けているスターリィマン。

さぁ、私には何が出来るだろう。


|

« みんなの笑顔の花が咲きますように | トップページ | ストリートオルガンと素敵な出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みんなの笑顔の花が咲きますように | トップページ | ストリートオルガンと素敵な出会い »