« ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その2 | トップページ | ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その4 »

2011年4月27日 (水)

ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その3

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
はせがわファミリーが贈る スターリィマンの朗読会
日時:4月17日(日) 午前9:15〜9:45
場所:「喜多方市押切川公園体育館」

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

二日目の午前中は、会津若松市の隣にある、
喜多方市の体育館に行ってまいりました。

Dsc05559


市内にある大きな体育館では、福島県内から
多くの方が避難生活を送っていました。

Dsc05547

日曜日の午前中の早い時間でしたが、
たくさんの小さなお子様やご家族にお集りいただき、
スターリィマンの紙芝居や歌を楽しんでくださいました。

Dsc05551

その中で素敵な出会いがありました。
相馬市から避難されている海老原さん親子です。

Dsc05556


Dsc05557


朗読会終了後、毎回太郎庵さんが
「会津夢街道」のお菓子を
皆様にプレゼントしてくださっていたのですが、
お菓子を受け取った海老原さんが
興奮気味に話しかけてくださいました。

小学生の大ちゃんが避難の為に、
地元のお友達とお別れする時に、
「会津夢街道」のお菓子にメッセージを書いて
プレゼントしたそうです。

Dsc05555

私達にとっても、太郎庵さんにとっても
海老原さん親子にとっても嬉しいサプライズでした。

朗読会の後、太郎庵さんの喜多方店にて、
海老原さん達と一緒にケーキを食べたり、
お話をしたり、大ちゃんと鬼ごっこをして遊びました。

Dsc05561

初めは元気のなかった大ちゃんが、最後に
「楽しかった!」「また会おうね!」と
大きな声で元気に笑顔で言ってくれて
私の心も元気に笑顔になりました。

大ちゃんの家の100m手前まで津波が押し寄せ、
とてもとても恐かったとお話していました。

言葉に出来ない辛い、悲しみや恐怖、不安を
小さな体の純粋な心の中にいっぱいいっぱい
抱えていると思うと、とても胸が痛みました。

そして、震災を体験した多くの子供達に出来る限り
たくさんのスターリィマンの風船を届けたいと、
いてもたってもいられない気持ちになりました。

がんばる勇気をありがとう!大ちゃん。

またいつかきっと会いに行くね!
その時は、いっぱいいっぱい遊ぼうね!


☆☆☆喜多方/番外編☆☆☆

喜多方といえば、「喜多方ラーメン」という事で、
太郎庵さんの目黒さんのご配慮で
いつも行列が出来るラーメンやさん
「まこと」に連れて行っていただきました。

普段はお店の前に長〜い行列が出来るお店でも
震災後、原発の影響でお客さんが全く
来なくなってしまったと伺いましたが、
店内にはたくさんのお客様がいらっしゃって、
少しだけほっとしました。

「まこと」さんのラーメンは、
喜多方ラーメン特有のちりちりの麺が
くせのないスープに絡んで本当に美味しい!

太郎庵さんでケーキをいただいた後だったのですが、
ぺろりと食べられました。

目黒さんに、「ここのラーメンやさんは、
当たりのどんぶりがあるのよ〜」と教えていただいたら
なんと、母のどんぶりに「大当たり!」の文字が!

Dsc05562

さすが、はせがわファミリー1番の強運の持ち主です(笑)
帰りに美味しかったラーメンのお土産をいただきました☆

Dsc05563

この日は、日曜日という事もあり、お客様がいたそうですが、
皆様地元の方で、随分と観光客の方が減ってしまったそうです。

大切な大切な郷土の誇り。
これからもずっとずっと皆様に愛されてほしい。
日本全国から喜多方ラーメンを食べに
喜多方市に来ていただきたいと心から思いました。


☆☆☆その4へつづく☆☆☆

|

« ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その2 | トップページ | ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その2 | トップページ | ふるさと福島会津での朗読会に感謝☆その4 »