« 【4月16日】スターリィマン・コミュニティ・ルーム☆ | トップページ | 心のふるさと原風景 〜会津の旅 その2〜 »

2010年4月22日 (木)

心のふるさと原風景 〜会津の旅 その1〜

「日本各地のふるさとの原風景を描いていきたい…」
そんな父の想いからはじまった、日本中のきずなをつなぐ旅。

私達の大切なふるさと日本の原風景。
誰の中にもある、ふるさとを愛し誇りに想う心。

それぞれのふるさとや日本の素晴らしさを分かち合い、
今を生きる私達の手で、美しい日本を未来へつなぐために
私達は実際にその土地を訪れ、作品を創作していく事にしました。


その旅の始まりは、父のふるさと「福島県会津」へ…

今回は、父と娘の二人旅です。

どんな出会いがあるんだろう…
期待に胸高まる中、私達は旅立ちました。

大宮から郡山まで新幹線で移動。
北へ北へ向かう程、徐々に桜の花が見頃を迎えていました。

P4192022

郡山からバスで会津若松へ。
前方に現れた、美しい雪化粧に包まれた会津磐梯山の姿。

P4192026

段々と目的地の会津に近づいていくのを感じます。




P4192027

小一時間程で会津に到着。
さてまずは、駅からタクシーで祖父のお墓へご挨拶へ。

「心かこもったいい時代」
レトロな雰囲気のタクシーに乗れて、ラッキーでした。

P4192028

父は、4歳までを会津で過ごし、
その後、母親(私の祖母)と一緒に大宮に移ってきました。

久しぶりの会津に、自然と笑みがこぼれます。




P4192043

昔ながらの建物。
中には、民芸品などの竹細工や雑貨が置いてあります。

P4192044

やはり父もこういった雰囲気に強く惹かれ、
絵心を刺激されるようです。

P4192051




P4192054

以前、家族3人で訪れた時にも印象に残っていた
和菓子屋さんとうなぎ屋さん。

P4192057

趣のある佇まいに、心がほっと和みます。


P4192066




P4192068

父が通っていた幼稚園。

4歳までしかいませんでしたが、父の中には
会津にいた時の記憶がとても鮮明に残っているそうです。




今はない住んでいた家の近くにあったお店のショーケース。
中には、「伊佐美」という父の名前に近い焼酎を発見。

P4192073




ここは、若松城跡。城壁が今でも残っています。

幼い頃、父はよくこの城壁に登って、
上からの景色を楽しみながら
おにぎりをほおばっていたそうです。

P4192077

P4192078

結構、高さがあります。
やんちゃな子供だった事が分かりますね!

P4192084


〜その2へつづく〜

|

« 【4月16日】スターリィマン・コミュニティ・ルーム☆ | トップページ | 心のふるさと原風景 〜会津の旅 その2〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【4月16日】スターリィマン・コミュニティ・ルーム☆ | トップページ | 心のふるさと原風景 〜会津の旅 その2〜 »