« 第4回コミュニケーションアート朗読会レポート! | トップページ | 目に見えない想いをカタチに…風船にのせて »

2010年1月20日 (水)

未来を輝かす子供達☆「キッズ ISO14000プログラム」国際認定証授与式

皆様、こんばんは!はせがわ祐希です。

毎日たくさんの出会い、気づき、学び、感動に溢れ
その一瞬一瞬の出来事から感じた事や想った事を
ブログに書き留めるまでに追いつかないでいます!

そんな素晴らしい日々を生かしていただけて、
本当に幸せです。有り難いです。感謝感謝です!


今日は二十四節気の1つ「大寒」の日。

「大寒」は、寒さが最も厳しくなる頃と言われておりますが、
寒さも和らぎ、春のような暖かな一日でしたね。


風水師のDr.コパさん曰く「大寒」に産まれた卵を食べると
一年間健康に暮らせて、金運が上昇するそうで、
実は、私達も数年前から実践しています。

大寒の頃は、ちょうど鳥が卵を抱き始める時候で、
その頃の卵は生気に満ち溢れて、滋養に富んでいるので、
食べると健康に暮らせると、昔から言われていたようです。


また、大寒の朝の水は1年間腐らないとされており
容器などにいれ納戸に保管する家庭が多いそうで、
各地で味噌、醤油、酒づくりなどに利用され、
餅をつくる地方もあるそうです。

なぜ腐らないとされているのかは、この時期は、
冬の水表面の水温が、外気と接触・冷却されて
川・湖底の下層部に移動する時に、水表面の浮遊物質も
下層に移動して、水質が清浄化されることが関係しているそうです。

昔の人々は生活の知恵は、ひとつひとつきちんと
自然界と深く密接している意味があり、
生かされている事への感謝が込められていて
「昔の人々は素晴らしいなぁ」と感動するばかりです。




さて先日、私はこのような自然と共存する知恵を
昔の人々からだけではなく、現代の子供達からも
改めて教えていただくきっかけがありました。


突然ですが、「キッズ ISO14000プログラム」という
取り組みをご存知ですか?

このプログラムは、2000年に日本でスタートした
「環境をテーマにした子どもの教育プログラム」で、
既に国内では、教育機関を始め、自治体、財団法人、
企業・団体等の多くのが取り組み、10万人もの子供が実施。
40,000トン以上のCO2の排出を家庭から削減する等、
素晴らしい成果を上げているものです。

また、国連機関や 国際標準化機構等の国際機関を通して
急速に海外に広がっており、今や、米国、韓国、クウェイト、
オーストラリア、欧州、アフリカなど
国際的に取り組みが広がっているそうです。

◆「KIDS ISO 14000プログラム」の具体的な取り組み◆

このプログラムを実践した子供達には
毎年、「国際認定証」が授与されています。

また「国際認定証」を贈られた子供達の中でも、
特に素晴らしい取り組みをした子供達には
様々な「特別賞」が設けられ、表彰されます。


私は、このプログラムに関わっていらっしゃるSさんと
ちょうど一年前にご縁をいただき、その時初めて知りました。

そして今年の一月上旬。Sさんからご連絡があり、
「今年度の特別賞の中の「環境大臣賞」の副賞として
子供達にスターリィマンの絵を贈ることは出来ないか…」
との有り難く嬉しいご相談をいただいたのです。

「受賞の子供たちは、地球という星をきれいなまま、
未来につなぐ為環境をキーワードに、問題に気づき、知恵を出し、
みんなを巻き込んで、計画をやり遂げ、データで評価して、
さらなる改善を考えてきた、すばらしい子供たちです。
どこか、スターリィマンの風船のひとつと重なるような気がします。」

本当にそうですよね。私達も、心から共感し、
いただいた嬉しいお言葉に深く感動しました。


地球の未来のために、一生懸命考えて、悩んで、取り組んできた
スターリィマンのような子供達にありがとうの感謝の想いを込めて…

私達からスターリィマンの「夢見る樹」の絵と、「夢」の本、
「夢カード」「缶バッジ」を「環境大臣賞」を受賞された
お二人にお贈りさせていただきました☆

Cimg2548

Cimg2552

Cimg2519

喜んでくれたら嬉しいなぁ。


そして先日、1月16日に国連大学で開催された
「第9回国際認定証授与式」に私も参加させていただき、
一緒に子供達の栄誉を祝福させていただきました。

授与式の会場でのSさんは、あたたかい笑顔と言葉で、
子供達の事を誰よりも一生懸命に考えて動かれていました。

そして会場に集まった、子供達一人一人の表情は、
プログラムを達成した自信と誇りにあふれ、
真っすぐで純粋な目はきらきらと輝いていて、
未来への希望や夢をいっぱい感じる事が出来て
とてもとても嬉しくて胸がいっぱいになりました。

それと同時に、子供達の真摯な姿を見て、
私達大人が美しい地球を未来につなげていくために
今、何をしなくてはいけないのか、真剣に考えさせられました。

目の前にある問題に目をそらさずに、しっかりと受け止めよう。


大切な事を教えてくれたスターリィマンの子供達、
そして、このような機会を与えてくださったSさんに
本当に心から感謝です。どうもありがとうございました!!

|

« 第4回コミュニケーションアート朗読会レポート! | トップページ | 目に見えない想いをカタチに…風船にのせて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第4回コミュニケーションアート朗読会レポート! | トップページ | 目に見えない想いをカタチに…風船にのせて »