« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

感動の「ふくしま夢まつり」に感謝

 皆様、ご無沙汰しています。昨日は「ふくしま夢まつりに」参加してきましたよ。もう感動感動の二日間でした。
仲間っていいな!夢って素晴らしいなぁ!きらきら輝いているみんなの笑顔と、たくさんのスターリィマンに会いました。
 西は福岡から、北は東北岩手から、心ある夢あるスターリィマンが、やって来て、ふくしまから日本の元気を届ける、最高の時間でしたよ。

 福島正伸先生のいつ伺っても、元気と勇気を与えて下さるお話。ご一緒させていただけるのを、ずっとずっと楽しみにしていました。想定外の感動感動を、もういっぱいみんなが創ってくれました。
 
 実行委員長の吉成さんをはじめ、スタッフの皆様の、あったかい思いやり、おもてなし、何よりも、喜ばせたい感動してほしいの想いに、お腹いっぱいになりました。
 思わず、みんなの一生懸命に頑張っている姿に、何度も涙がこぼれてしまいそうになってしまいましたよ。

Cimg1684

 昨日の福島初のドリームプレゼンテーション!西部三育幼稚園の水戸黄門様の鼓笛隊から始まり、福島先生の講演会、その中で、祐希が2008年ドリプラでの10分プレゼンをさせて頂きました。
 福島バージョンも新しく加えてのスターリィマンコミュティプロジェクトのプレゼン。少しでも福島の皆様の夢を応援したいとの想いです。

Cimg1687

 この二日間、福島でのたくさんの皆様との出会い、あいがとうございました。「ら・さんた」さんの温かい美味しいパンに感謝。柏屋さんの薄皮まんじゅう、夢仕掛け人・紺野さんの桃、プルーン!今日もわが家で、頂きましたよ。ご馳走様でした。

Cimg1691

Cimg1689

Cimg1685

 また、プレゼンに共感感動して頂いた皆様から、頑張ってください!スターリィマンを応援します。等々、温かい皆様からのエールを頂き、スターリィマンの夢を叶える風船で、たくさんの心をつないで頂きました。

Starrymanfukushima_2


 ありがとうございました。こらからも福島の皆様の夢が叶いますように、九つの風船を願いを込めて贈り続けます。わくわく楽しくって、きらきら輝く時をありがとう!2009年の8月最後の最高の思い出でした。

 福島先生ありがとうございました。アントレの皆様ありがとう。フレッシュの皆様ありがとう。篭池さんありがとう。大嶋さんありがとう。等々出会った皆様ありがとう。みんなの笑顔にありがとうございました。

Cimg1676

Cimg1677

Cimg1680

Cimg1683

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

8月29日30日「ふくしま夢まつり」開催です!

皆様、こんにちは!はせがわ祐希です。
いつも私達のブログを見てくださって、どうもありがとうございます!

早いもので8月も後半になり、だんだんと秋の気配がしてきましたね。
夏の素敵な思い出は出来ましたか?

まだ~!!という方に、自信を持ってお薦めする、とっておきのイベントがあるのでお知らせします!

来週の8月最後の土日、8月29日30日に、私達をいつも応援してくださる福島の皆様が中心となって、なんとドリプラのふくしま版「ふくしま夢まつり」を開催します!!

「ふくしま夢学園文化祭」
http://www.adica.co.jp/yoshinari/Yumegakuensai2.pdf

「ドリプラふくしま」 福島正伸講演会
http://www.adica.co.jp/yoshinari/DreamPlan2.pdf


そして、中心となっている吉成洋拍さんの、有り難いお心遣いで、私が冒頭でプレゼンテーションをさせていただく事になっています!!今年もドリプラという舞台でプレゼンをさせていただけて、感激です!

しかも!!なんと!!!それだけではありません。
急遽、福島バージョンのスターリィマンの缶バッジとTシャツを制作し、販売させていただく事になり、今当日に間に合わせる為に急ピッチで準備を進めています!!

自分で言うのも何ですが…かなり自信作です!!!
どんな缶バッジとTシャツになっているのかは、当日のお楽しみ♪

誰かの笑顔の為に、そしてふくしまの夢を輝かせる為に、日々一生懸命になさっているふくしまの皆様には、いつもたくさんの感動をいただき、またスターリィマンや私達の事を応援してくださり、心から感謝しています。
まさに皆様は、「福島のスターリィマン」です。


ここで私から皆様に、真剣なお願いがあります。

是非、この「ふくしま夢まつり」に足をお運びください。

そして、福島の皆様を通して、あらためて「夢に向かって生きる」という素晴らしさを体感してください。

きっと、皆さんの中で何かが変わるはずです。

以下、吉成さんのブログから抜粋したイベントのご案内です。
私の言葉で伝えるよりも本気の想いを感じていただけるかと思います。どうかお読みいただき、ご都合の合う方、ご予定の入っている方は予定を変更して(笑)当日ご参加していただけたら幸いです。

私達は29日、30日両日参加します!
会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

感謝を込めて…はせがわ祐希より

===================================================================

2009年8月29日30日の2日間

福島県福島市飯坂町で開催される 「ふくしま夢まつり」。

今回代表の吉成洋拍(ハグハグ)が中心となって

ふくしま夢まつり実行委員会をたちあげ、

「福島から日本に元気を発信する!」をスローガンに

ビックイベントを立ち上げました。

そしてその熱いイベントがいよいよ間近に迫ってきました!


しかーし!!!

集客が大チャンスです!

イベント内容は、あり得ないくらいの自信を持っているのですが

人がなかなか集まっていないのが正直な現状です。

この夏の思い出に!!!一生の思い出に!!!

是非、福島市に遊びに来てくれませんか?!

絶対損はさせません!!!

━━━━━━━━━━━━━━

長い文章ですがお付き合いください。

何のためにこのイベントを行うのか?

それは、僕自身、以前は「仲間」というものがいませんでした。

「経営者は孤独が美学」と勝手に思い込み、日々地域で

「競合店に勝つ」事だけを考えていました。 従業員は毎月のように

入れ替わり、それでも補充すればいいじゃん位にしか

考えていませんでした。

そんな最低な僕に転機が訪れます。 

昨年の7月末に・・・それは 大嶋啓介さんとの出逢い。

その出逢いから、福島正伸先生へと繋がり、僕は、福島先生と

初めてお会いした日に1時間以上号泣していました。

自分の過去の愚かさを知ったからです。

同じ頃、僕は柴村恵美子社長とも出会いました。

恵美子社長から「感謝」の心を学び、それからというもの

僕の周りにはたくさんの仲間が増えていきました。

そして、僕の所属する会社は、フレッシュという理美容店。

どんな理想の会社にしようかと考えていた時に

北九州市で感動の美容室を経営している、久保華図八さんの

「バグジー」の事を知りました。

自分、家族、会社の仲間、地域の仲間、日本中の仲間・・・

一生心の中で添い遂げたいかけがえのない仲間たち。

そして、日本中の仲間たちと触れ合う中で、僕はどんどん

「福島」という生まれ故郷が大好きになっていきました。

「福島」という地域に住む人たちの笑顔をみる事が

僕の生きがいとなりました。


僕はこれから  どんどん福島に恩返しをしたい!

僕を育ててくれたこの街に もっともっと元気のタネを

植えていきたい!!! それがこれからの僕の使命。

それが僕に出来る事。


そのためには、まずは僕たち仲間同士が輝きを放ち

その輝きが、あちこちに反射していけばいいと思っています。

そしていつかその輝きは、日本中へ!!!

だから、僕たちがやります!

一人の力じゃ微力だけど・・・ビックウェーブを起こすのに

まず必要なことは、微力なウェーブだと確信しています。

正直、毎日がチャンスだらけです。

壁にぶち当たりまくっています。

でも、その壁の向こうには必ず桃源郷があるんです!

「うまくやるより全力でやる」

僕たちの本気に是非触れてみてください!

一緒にプラスのスパイラルのきっかけを作ってください!

ご協力お待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━

◆イベント詳細◆

「ふくしま夢まつり」=2日間のイベント総称

「ふくしま夢学園文化祭」
http://www.adica.co.jp/yoshinari/Yumegakuensai2.pdf

「ドリプラふくしま」 福島正伸講演会
http://www.adica.co.jp/yoshinari/DreamPlan2.pdf

【日時】2009年8月29日(土)12:00~  ※11:00会場
     2009年8月30日(日)17:00解散  
【場所】福島県福島市飯坂町
       摺上亭ホテル大鳥 (ふくしま夢学園文化祭)
       パルセいいざか   (ドリプラふくしま)
【参加費】 プラチナチケット  30,000円 / 1名
       ブロンズチケット    5,000円 / 1名
       ドリプラ観覧チケット 1,000円 / 1名

【お申し込みフォーム】
http://my.formman.com/form/pc/5Y47YVUvO1K8NmXg/上記アドレスから、お申し込みができます

━━━━━━━━━━━━━━
プラチナチケットとは・・・   30,000円

●29日の3人の講演会
  (大嶋啓介氏・柴村恵美子氏・久保華図八氏)
●ホテル大鳥宿泊費・温泉入浴・大宴会・2次会費
●30日福島正伸先生講演会・ドリプラふくしま参加費

その他多数の特典がついたスペシャルチケットです。
当日は、講師の先生方と一緒に夕飯を取りお酒を飲み
先生方もお泊まりなので時間の許す限り語り合えます。

※チケット代金の一部が、翌日のドリプラふくしまの
  開催費用として、日本の明るい未来に貢献されます。

     募集定員220名  (現在182名) 8月15日現在
               ※20席増席しました
━━━━━━━━━━━━━━
ブロンズチケットとは・・・    5,000円

●29日の3人の講演会のみ参加の方用チケット
  (大嶋啓介氏・柴村恵美子氏・久保華図八氏)

     募集定員180名  (現在60名) 8月15日現在
━━━━━━━━━━━━━━
ドリプラ観覧チケットとは・・・     1,000円

●30日12:00~開催の「ドリプラふくしま」入場券
●福島正伸先生の講演会 
   + 福島で夢を語る6人の大人たち
●大学生以下は、整理券のみで入場無料

     募集定員1800名  (現在900名) 8月15日現在
━━━━━━━━━━━━━━

一人でも多くの人と感動を共有したい!!!
【お申し込みフォーム】
http://my.formman.com/form/pc/5Y47YVUvO1K8NmXg/
上記アドレスから、お申し込みができます


そして最後に一言!

8月30日は 選挙投票日です!!!
参加者は必ず「事前投票」を行ってから
福島へ来てください!!!
それが「日本」の為になります!!! 感謝

■□■□■□■□■□■□
そして是非、一人でも多くの人の目に留まるように
みなさまのブログ等で告知協力してもらったら嬉しいです。
                        
感謝

| | コメント (0)

肝高の阿麻和利公演

8月19日(水)

 皆さん、お盆お休みはいかがでしたか?暑い!のお盆が、何だか涼しい風が吹いていた、有り難い日々でした。さて、お盆休み明けの17日は、清塚信也さんのコンサートを家族三人と、私たちを応援してくださっているKさん、Kさんの5人で行って来ました。
 お二人とも、心から楽しんで頂けたようです。僕たちも嬉しい時間でした。いつも信也さんのピアノを聴いて、ぼくは思うのですが、心がリラックス…脳が覚醒。絵のイマジネーションが広がる広がる素晴らしい、貴重な時間なんです。12月には、信也さんとのコラボレーションも決まりました。今からとっても楽しみです。

 さて、明日は東京厚生年金ホールにて、肝高の阿麻和利の公演を観に行きます。7月に東京公演の事務局長の藏當さんにお会いして、僕たちいや娘のまわりの応戦してくださる皆様と皆様のご縁を、感じる出会いでした。
 昨年の4月沖縄に家族三人で伺った時、8月13日に阿麻和利を是非見に来てと言われて、お盆に重なり、お伺い出来ませんでした。そして、今年の4月に沖縄にお伺いした時も、今度は阿麻和利の時、来てねと言った頂きました。そんなご縁の阿麻和利を、都内で観ることが、明日出来ます。

 とっても楽しみです。そして、昨年からのこの一年半で、出会った方々の阿麻和利つながりが見えて、すごいご縁を感じています。藏當さんの沖縄を思う想いに導かれて…ご縁のある方々と観に行けることが、次のご縁が生まれて生きそうです。

 今日は19時から、東儀秀樹さんも出演する阿麻和利が始まります。藏當さん、そして、出演者の皆様、今日のご成功を心から祈っています。

 明日を楽しみにしていますよ!

 
 

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

はせがわ作品に感謝の声

8月10日(月)

 おはようございます。夕べは地震、そして、今朝は雷と大雨。すごいことになっています。何を教えてくれているのかな?私達は自然の中で活かされていることを感じます。

 さて、昨日はSさんやって来て、初めて版画となった「プレゼンツ」のED9を、ネットで購入してから、奥様が今までやりたかった夢に向かって、頑張っているお話をしてくれました。
 「プレゼンツの版画がわが家に来てから、何だか違うんです。私に今まで足りなかったは…と、気づかせてくれたんです。これから、わが家は、はせがわさんの作品で、いっぱいにしたい」
 熱く語ってくれたSさん!ぼくの絵が、ご家族の力になれて、とっても嬉しい!!!画家で良かったと心から思い、感謝する瞬間ですね。ありがとう☆
 
 ところで、このプレゼンツの版画は、完売しているので、転売でないと入手出来ないことを、ぼくも半年前ぐらいに知りました。

 版画作家として、ギャラリーさんに所属して、活動して10数年。その後、ぼくと妻と娘の家族三人で、「はせがわいさおコミュニケーションアート作品集~夢」の出版を機に、2007年1月、ドリーム工房☆はせがわを設立し、3年目、夢の本に収録している14作品の版画制作と、今年ぼくの絵画活動30年を記念して、「日本の四季の輝き」4作品の版画が、僕たちが制作した版画です。

 絵描きなのに、絵の販売は中心ではありません。ぼくが家族三人で目指している、いや、目指して行きたい画家としての創作は、コミュニケーションアートの世界観です。絵と観てくださる皆様が、絵と感じる心で対話・コミュニケーションが生まれることで、より皆様がぼくの絵に出会えてよかったと思って頂き、皆様の生きていく心の力になって頂けることが、ぼくのアーティスト魂の原点なんだと、絵画活動30年の今年は、特に思っています。
 
 コミュニケーションアートを確立してくれたスターリィマン。娘を喜ばすために、プレゼントを届けてくれる人として、一枚の作品(F100号)から生まれたスターリィマンが、元来生まれながらに持っている、お一人お一人の皆さんの豊かな心を届ける人になって頂きたいと、家族三人でスターリィマンの作品創作から、活動、発信を、日々し続けていきたいと思っています。
 
 Sさんの奥様の夢が必ず叶いますように、心を込めてスターリィマンの夢を叶える九つの風船を贈ります☆☆☆


 

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

出会いがコミュニケーション

8月9日(日)

 おはようございます。今週はお盆もあり、昨日から9連休の皆様も多い事と思います。
 
 さて、8月になって、早いもので、もう一週間以上が過ぎてしまいました。8月1日の「コミュニケーションアート・プログラム」モニター体験会から、私達は今月が始まりました。一日コースということで、7月24日の半日コースより、アートを通して、心でコミュニケーションをする事を、感じて頂けたようです。
 
 このプログラムは、元々一日コースをメインに構築した内容だった為、やはり一日の方がゆっくり体感していただけたようでした。今回もご参加の皆様から、色々なご感想を頂きました。土曜日の一日、モニターの御協力をいただきまして、有り難い心から感謝の一日でした。

 4日は、新婚の鈴木惣士郎さんご夫妻に、ご自宅にご招待されて、お伺いさせて頂きました。惣士郎さんとは、ドリプラからのご縁です。この度、ご結婚のお祝いの贈り物にと、マネージャーの高井さんから、スターリィマンの絵のご依頼を受け、惣士郎さんご夫妻にプレゼントしてくださいました。

 惣士郎さんのスターリィマンへの想いをお聞きして、もう感動です。こんなにスターリィマンを、ぼくの絵をとらえ、想いくださっているんだ!感じてくださっているんだと、ぼくの魂がこんなに喜んでいる!久々に時を忘れて、惣士郎さんとの心と心で感じ合えるコミュニケーションが生まれていくような、素晴らしい楽しいひとときでした。また、お会いできるのを楽しみにしています。

 5日は小松社長からのご厚意で、HaLAフォーラムにて、祐希がプレゼンをさせていただきました。またたくさんの皆様に、地域のきずなや、はさがわいさおが目指していくアートの世界をお伝えする事ができ、素敵な出会いを頂きました。益々今後の展開がとっても楽しみです。皆様の町にお伺いできて、世界でたったひとつの皆様の町が輝いている作品を、描いていけることを…!

 6日は八王子のサイエンスドームで、齊藤館長さんのご案内で、ハワイの国立展望台すばる望遠鏡で活躍なさっている、布施さんのお話を伺ってまいりました。わかりやすく宇宙のこと、星達のこと、伺って、とても楽しい時間でした。

 8日の昨日は、多摩市民会館で、リフォームプロさんの地域のきずなをつなぐ親子のイベントに行って来ました。
「夏休みリフォームプロからの贈り物~親子に届ける夢を叶える九つの風船~」1才から12才までのお子さんと、お父さん、お母さんと一緒に、紙芝居、九つの風船ぬりえとみんなの夢を描いた「夢を叶えるうちわ」を創って、お子さんの夢やご家族の夢、お父さんお母さんの夢の発表、きらきら笑顔の記念写真と、みんなが元気に輝いていた2時間の素敵な時間でした。
 みんな!みんなの夢が叶いますように…!また、合おうね!みんなと出会えて楽しかったよ。ありがとう!

20090808

 リフォームプロの皆様、地域の皆様との温かいきずなのイベントの機会を頂き、ありがとうございました。皆様の益々のきずなのコミュニケーションのご発展を、スターリィマンの九つの風船にのせて、未来へと願っています。 

 

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »