« 風船をありがとう | トップページ | コミュニケーションアート・プログラム »

2009年7月 9日 (木)

七夕の贈り物

 皆さん!おはようございます。
 朝から、蒸し暑いですね。自転車に乗って駅までお出かけの方々が、急ぎ通り過ぎています。お疲れ様です。
今日も、気をつけてお出かけくださいと願いながら、見送っています。

 さて、7日の七夕の日。皆さんは、夜空の星たちにお願い事はしましたか?私達は、短冊にお願い事をかき、笹の葉を、南側の窓際に飾りました。

 そして、そんな七夕の日に、素敵な贈り物が二つ届きました。

 一つは、7月20日に「おとなの命の授業」というイベントが開催されるのですが、このイベントは、“人の夢を応援するのが夢”という、ドリプラでご一緒でした「千田利幸」さんが、専任教師で行うイベントで、上尾文化センターで開催されます。

千田さんが何故、このイベントを開催しようと思ったのか、ご自身のブログに想いを綴られています。
千田さんの本気の想いを皆様、お読みください。
http://ameblo.jp/yume-ouen-senda/entry-10287060600.html
http://ameblo.jp/yume-ouen-senda/entry-10287523459.html

私達も千田さんの想いに、共感、そして感動し、是非一人でも多くの方に、このイベントに参加していただきたいと願っています。
上尾市は隣市なので、私達の友人・知人の地元の方々にも是非来ていただきたいと願って、先日から皆様に、お手紙やお電話やFAXでご案内させて頂いたいます。

以下、イベント詳細です。

   【おとなの命の授業】
   ~病気は大切な「いのち」からのメッセージ~

2009720


   開催日時:7月20日(祝日) 
   時間:13:00開校  13:30始業~17:00終業

   「おとなの命の授業・第1限目」

   担任教師:千田利幸
   特別講師:上野美佐穂(みーちゃん)
   http://www.kurepasu.org/
   特別講師:杉浦貴之
   http://www.youtube.com/watch?v=3gYtH4AVFHE

   ☆担任教師のせんちゃんが
    特別講師のメッセンジャー杉浦貴之さん&
    車椅子の『輝くタフレディ』みーちゃんと共に
    胸にしみるおとなの命の授業 お贈りします・・・

    授業料:3,000円
    場所:埼玉県上尾市文化センター 

    ☆お申し込み・詳細はこちらから☆
    http://officets.cart.fc2.com/ca1/4/p-r-s/


 このイベントの事を、先週、埼玉知事「上田清司」様にも、お手紙と共にご案内しました。
「人の夢を応援出来るような埼玉」
「健常者や障害の皆様への温かいつながりを持った埼玉になれますように」
こんなに一生懸命輝いている人たちの活動を、知っていただけましたらと、ご案内させて頂きました。

 そして、7月7日の日、知事からご返事を頂きました。

Messageuedachiji

上田知事の温かく誠実なお人柄に、あらためて感動してしました!

まだこのイベントのお申込を受付けております。
是非、満席の会場で皆様と共に、「命」について考えたいと思いますので、ご都合のよい方はどうぞご参加ください!

 そしてもう一つ、ドリプラでお世話になった河合由紀さんの、ご結婚のパーティーが、7月5日に行われました。由紀さんへの御祝いに、ドリプラのメンターの方々を中心に、福島先生をはじめアントレのスタッフの皆様と私達三人も入れて頂き、、スターリィマンの版画をお贈りさせて頂きました。

 額の裏側に、御祝いする皆様のお名前と共に、作品のメッセージも添付。私達も感動してしまいました。こんなふうに、みんなの素敵な思いを一つにして、プレゼントするなんて温かいんだろうと、心の中がふわーと包まれて、私達が願う心と心がつながる「コミュニケーションギフト」そのものでした!

 贈る側も贈られる側も、心が想いがいつまでもつながって、輝いていく贈り物です。

このお話を依頼してくださった、森川さん、馬淵さん、をはじめメンターの皆様や、福島先生をはじめアントレの皆様に、心から感謝感謝です。七夕の星に乗って、由紀さんから、嬉しいお礼のメールも頂きました。

 森川さんのブログでは、由紀さんにお渡しする様子も、ご覧頂けます。
http://ameblo.jp/sigmor/entry-10294062704.html

 19年に一度の満月と七夕の日、忘れられない感激と感謝の日でした。皆さん!ありがとうございました。

|

« 風船をありがとう | トップページ | コミュニケーションアート・プログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風船をありがとう | トップページ | コミュニケーションアート・プログラム »