« スターリィマンの風船アートフォト | トップページ | 今日からはじまるよ☆ »

2009年3月27日 (金)

30周年記念版画のお礼とご送付

3月27日(金)

 皆様!今日は暖かい春の日になりました。開花の桜が、ここ2~3日寒くて、つぼみのままで頑張っていたようですが、今日は一気に開くでしょうね!きっとこの週末は、お花見が素敵ですね!楽しみです。

 さて、3月1日から今月末日まで、30周年記念版画~日本の四季の輝き~の先行予約をしています。皆様からの温かいお気持ちに支えられて、ご注文を頂いております。予定では4月1日からの作品の発送でしたが、お申込み頂いた皆様からの、スターリィマンへのそれぞれのご支援に少しでもお返ししたいと思って、版画工房の皆様、フレームアーティストの京泉さんのお力をお借りして、25日よりお手続き完了の皆様から、ご送付させて頂いております。きっと、今日あたり皆様のお手元にお届け出来るのでは…と、皆様のことを思っています。

 25日は、シップの小松さんのご依頼で、「夢見る樹」のプリント版画をお持ちしました。ご依頼の内容が素敵な事で、ぼくも感動してしまいました。
 こらから新たな想いで、また夢を追い続けるアルファさんの榎本さんに、エールを贈る絵「夢見る樹」だったのです。小松さんは、榎本さんの為に映像も創って、その映像には、家内が書いた「輝く夢見る樹」のお話も入れてくださり、皆様!感動でいっぱいでした。映像が終わると、ぼくに「夢見る樹」の絵を、榎本さんにお届けする役を、小松さんが演出してくださったのです。

 ~榎本さんの思い出~ 同級生からのお話
 小学校の芝生のグランドの真ん中に、大きなイチョウの木がありました。仲の良い友人たちと、日が涼むまで、毎日遊んでいたグランド。卒業の時は、タイムカプセルも埋めました。いつも僕たちを見守っていてくれたイチョウの木。あの時から、榎本くんは全然変わっていません!正義感が強く、嘘をつかず、人の悪口を言わず、本当に優しい人です。どんなにご苦労しても、一言も愚痴もはかず、今の時代に貴重な人です。
 実はイチョウに木は現在、場所も移され、姿もずいぶん変わったそうです。その代わりに「夢見る樹」を贈りたいのです。(小松)

 このお話を聴いて、「夢見る樹」の絵と共に、芳見が「輝く夢見る樹」のストーリーを贈りました。

~「輝く夢見る樹」~
僕たちが夢を語ったこの場所 
僕たちの青春があります 
あのころ見上げていたイチョウの木
今は 僕たちの心の中で輝いています

あれから色んなことあったけど
でも あのころの夢は忘れない あきらめない

その思いに導かれ
スターリィマンが夢を叶える風船を持ってやって来ました
そして 静かに 静かに 祈りました

すると 風船たちが舞い上がり
きらきら輝く星たちを降らせました
夢の星くずたちが輝きはじめました

愛と希望と夢のせて
変わらない素敵な夢を輝かす
夢見る樹が生まれました

いつまでも輝いて
いつまでもみんなの夢を

 皆様のおかげで、夢見る樹のお話は、もっともっとみんなの心の中で、美しく優しく温かく輝きはじめています。皆様!本当にありがとうございます。まさにコミュニケーションアート作品になっています。

2009325


 僕の30周年記念版画~日本の四季の輝き~も、皆様と共に輝いて頂きたいと、心から祈っています。ありがとうございました。

 
 

|

« スターリィマンの風船アートフォト | トップページ | 今日からはじまるよ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スターリィマンの風船アートフォト | トップページ | 今日からはじまるよ☆ »