« 懐かしいスターリィマンの作品 | トップページ | アースデイ »

2008年4月15日 (火)

大切な時

4月15日(火)

 皆様!おはようございます。今日は朝から暖かい日で、お日様も輝いていますね!
 さぁ!頑張ろうとこれから新しい企画の絵をはじめるつもりです。 

 ところで、先日の4月5日(土)、妻と娘の3人で、信濃町教会にてスターリィマンを応援してくださっていた方の礼拝に行ってきました。

 S氏は生前、僕の絵の展示会に何度も来てくださって、最後にお会いしたのは2年前になります。その時は、はせがわいさおコミュニケーションアート~夢~の出版記念展示会に、奥様とご一緒に来てくださいました。雪の降ってるなか来てくださり、お天気のおかげで、お客様もなく、S氏ご夫妻と2時間ぐらいお話させて頂きました。

 S氏ご夫妻は、クリスチャンとお聞きしていましたので、お話の随所で、スターリィマンを色々な角度から見てくださり、聖書のお話やキリスト教の一年間行事などをお話になりました。

 展示していた作品の中に、フラワーロード~12ヶ月~の版画の1月~12月の作品ありました。その中で、S氏は7月の絵…スターリィマンと黒猫が屋根の上から満月を見ながら語っている絵…「大切な時」というタイトル。どうして7月がこのタイトルなの?と聞かれました。

 スターリィマンはいつも、みんなの夢を叶えるため、前を向いて進んでいるのですが、時には過去をふり返り、過去を語り、今を思うのも大切な事なので…!とお話したら、「うぅぅ」と言って、しばらくこの絵を見てくださり、この絵は良いな、良いなと何度も何度も奥様に話していました。僕たちはとても嬉しい…!と思いました。その一ヶ月後、S氏のご自宅に「大切な時」は行くことになりました。

 あれから2年間、「大切な時」はS氏のもとで、どのように時を過ごして頂けたのだろうか?信濃町教会のS氏の礼拝の時間に、ずっと考えながら、祈りを捧げていました。

 牧師様や思い出を語る皆様のお話から、S氏の生き方がわかりました。戦争の罪をいつも思い、平和への思いを願って、常に誰かのために生きて来られたお姿がわかりました。戦後のお母様の行いが、S氏の生き方に大きく関わっていることも知りました。S氏の生き方はスターリィマンそのものと僕たちは感じました。

 S氏のお嬢様のオルガンの音が、教会の天上まで優しく清らかに響き、S氏の御霊が天空の高い所で光となって輝いていることを感じました。
 
 突然の皆様と最後のお別れでしたが、皆様の心にいつまでもS氏が生き続けてくださる事と思いました。僕たちはスターリィマンと共に、S氏のご冥福をお祈りします。

 また、僕たち夫婦は26年前の4月5日、グアムの教会で結婚式を挙げました。その同じ日に神の前で祈ることが出来ましたことを、感謝致します。

 4月は色々な出会いと別れがあります。日々見過ごしてしまいそうなちいさな出来事も、心で慈しみ育てて行きたいとS氏から教えて頂いたように思っています。

 ありがとうございました。今日はいつまでもつながって行けますようにと願いながら、赤いリングの友情の風船を贈ります。過去…現在…未来につなげる大切な思いも一緒にスターリィマンの風船に詰めて☆☆☆

6_3

 

|

« 懐かしいスターリィマンの作品 | トップページ | アースデイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懐かしいスターリィマンの作品 | トップページ | アースデイ »