« 富士と桜 | トップページ | 絵画市のお知らせ »

2008年4月 6日 (日)

新しい夢にのせて

4月6日(日)

 皆様!お久しぶりです!
 さて、今日も良いお天気ですね!どんな日曜日をお過ごしですか?僕たちはそれぞれにそれぞれの部屋で、創作や企画を考えています。

 先週は入社式や、入学式など、色々な出会いと共に、新しいスタートをされた方々も多いことと思います。きっと心も身体もお疲れでしょうね。ゆったりと自分を取り戻す時間も、良いですね!

 僕たちも先週は色々な方々との出会いがありました。その中でも、千葉茂樹監督との出会いは、素敵でした。
スターリィマンの風船の歌{願いの星」を、作曲してくださった「石田桃子」さんのご紹介です。

 千葉茂樹監督は、1956年近代映画協会に所属し、「一粒の麦」で脚本デビューしてからは、多数の劇映画のほか、短編映画、ドキュメンタリー、TVドラマ作品などを制作しています。
 特にドキュメンタリー映画「マザーテレサとその世界」の監督です。世界ではじめて、マザーテレサの映画を創ることを許された監督でもあるのです。

 監督は一冊の本を僕たちにプレゼントしてくださいました。表紙にはサインが「心をこめて」… はせがわいさお様…ご一家さま…と。そして、僕たちのスターリィマンのお話をにこにこと優しい笑顔で聞いてくださいました。奥様もご一緒にお出でくださり、素敵なご夫妻で、映画制作をしています。

 1995年から日本映画学校の副校長になられ、多くの映画人を輩出しています。監督のご一家もご家族で映画作りをしています。奥様の好美さんは企画・制作を、お嬢さんは編集・翻訳と…。妻の芳見と娘の祐希の家族でスターリィマンを創作発信していることにも、共感を頂き、本当にここから楽しい時間でした。

 最後にスターリィマンとも何かご一緒に活動が出来ると良いですね…と言ってくださいました。「スターリィマン」のネーミングもきれいだね、響が良いなとにこり。

 監督ご夫妻、今後ともよろしくお願い致します。監督の映画とへの想いと、スターリィマンの使命とが、共感出来る喜びを僕たち家族は強く思っています。

 千葉茂樹監督著者「映画で地球を愛したい」、スターリィマンは「地球に愛を」との使命のためよみがえって…命あるものすべてを輝かすために、夢を叶える風船を持って世界中に届ける旅をしているのです。
 監督の映画の想いを夢を、スターリィマンの夢を叶える風船にのせて、地球のみんなに届けたいと思いました。

 僕は、今日中に一枚絵を仕上げます。あと2時間ぐらいで終わりますので、その後は、監督から頂いた本を読んで見たいと思っています。楽しみです。

 では、皆様楽しい日曜日を☆☆☆スターリィマンのピンクのハートの愛の風船を贈ります。

5_4

 

|

« 富士と桜 | トップページ | 絵画市のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士と桜 | トップページ | 絵画市のお知らせ »