« NEWS | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2006年7月31日 (月)

作品集 夢のDVDの感想

八王子市立みなみ野中学校の皆さんから頂いたご感想の中から
本日は3年2組のご感想をいくつかご紹介致します☆

「夢があるとみんなが幸せになるんだなと思いました。だから僕も夢を大切にしないといけないなと思いました。みんなにとって『夢』とは一番大切なんじゃないかなぁとこの作品を見て感じました。
『夢』=生きていく力だと思いました。」

「スターリィマンの夢を運ぶ仕事は、夢を運んだ方も運んでもらった方もしあわせになれるようなのだと思った。人に夢、幸せを与えられる仕事につけるのは、いいな、と思った。」

「夢があるから明日が明るくなる。夢があるからみんなが支えてくれると感じました。」

「『夢』を持つことは、人間としての輝きがあって、とっても良いなぁと思いました。」

「一つの作品の中にここまでたくさんの違った雰囲気の絵がかけることに驚き、細かいところまで美しく描かれていて、すごくきれいだと思いました。」

「風せんにもいろいろ種類があって一つ一つにちがう夢がこめられていたので、とてもおもしろいと思った。しかし、スターリィマンは夢をかなえさせてあげようとしていたが、子供達はスターリィマンにもらった風せんにたよりすぎて、自分達の力で夢をかなえるということを忘れてはいけないと思った。」

「この作品にでてくる一つ一つの絵は自分自身の可能性を広げてくれるような場所や木が多かったです。現実ばかりに追われていないで、ちょっと先の未来を想像してみるのもいいなと思いました。」

「ファンタジーな物語が絵本で表されています。それを見ている僕は実際にその物語の世界に入りこんでいるように感じていました。他のみんなも同じだと思います。とても不思議な気持ちになりました。」

「今日の夜、家の外にスターリィマンが来るような気がしました。いや、毎日来ているのかなぁとも思いました。
こうやって毎日、楽しくて、希望のある日々を送っているのも、自分にあのふうせんが全部つまっているような気がしました。」

2組の皆さん素敵なご感想をたくさんありがとうございました!
次回は3組の皆さんのご感想を紹介致しますのでどうぞお楽しみに☆

|

« NEWS | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NEWS | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »