2016年6月12日 (日)

父はせがわいさおの還暦を迎えて

皆様お元気でお過ごしですか?
はせがわ祐希です。

Facebookで情報発信を行っていたため、
約1年ぶりのブログの更新となってしまいました。

ずっとブログを読んでいただいていた皆様には
長らくご無沙汰してしまい、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

更新されないことを心配してくださった皆様、
本当にありがとうございます!

さて、おかげ様で本日6月11日で
父・はせがわいさおが60歳の還暦を迎えました。
その記念として現在作品を描いています。

来年でスターリィマンを描き始めてから30年。
父は人生の半分、スターリィマンを描いているんですね。

私は幼い時から、父が絵を描いている姿を
そばでじっと見つめているのが好きでした。

ものすごいスピードでどんどん描き上げていく様子は、
まるで魔法のように見えました。

いつも家にいて、絵を描いている父。
それは私にとって日常の風景の一コマにしかすぎず、
特別なこととして意識していませんでした。

しかし、約10年前から一緒に仕事をするようになって
父がどんな想いで、どんな風に作品を描いているのかを知り、
「当たり前」だったことが、どれだけ「有り難い」ことなのかを
初めて感じることができました。

もし一緒にやっていなかったとしたら。
いつか父がいなくなって作品だけが遺った時、
きっと私は表面的なことしか感じられなかったでしょう。
もしくは、真実とはまったく違う解釈をしていたはずです。

それ以前に、作品に対して今のような愛情を
持てなかったかもしれません。

あまりにも身近すぎて、
気づかないことの多さに驚くと同時に、
今この時、この瞬間に気付けて
本当によかったと思っています。

母が父と結婚する時に、
「この人にずっと絵を描かせるのが私の役目」と
決心したように、
私自身も父が生涯をかけて
描きたい作品を悔いなく描いてもらえるよう
少しでも力になりたいと願っています。

まだまだ力及ばずで頼りないですが、
父の作品を愛し、支えてくださっている
大切な方々の応援を励みに
これからも精一杯がんばりたいと思います。

ぜひ温かく見守っていただけますと嬉しいです。
皆様、今後共どうぞ宜しくお願いいたします!

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

広島の野村病院さんとのご縁に感謝と願いを込めて☆

少し遡りますが、4月上旬。
広島市の安佐北区にある野村病院さんに
三人でお伺いしてまいりました。

医療法人長久堂 野村病院さん http://www.chokyudo-nomura.or.jp/

Dsc00044

野村病院の野村院長ご夫妻とご縁をいただいたのは、1997年9月。

阪神淡路大震災のチャリティー絵画展に出展したことをきっかけに、
父が版画作家としてデビューした最初の展示会が広島で行われ、
その時に野村先生ご夫妻がお二人のお嬢様と一緒にお越しくださったのです。

野村先生方は、スターリィマンの作品を気に入ってくださって、
色々な版画やお嬢様たちを入れた原画などをオーダーいただき、
ずっと父のことを応援してくださっていました。

しかし、2007年に三人で活動することになって、
ギャラリーさんから独立した後はずっと疎遠状態だったのですが、
2011年の8月に野村美智子先生からお電話をいただきました!

そして、東日本大震災後に野村病院さんがご支援なさっていた
気仙沼の保育園さんをご紹介くださったことを機に、
また私たちの活動にたくさんの応援をしていただいています。

Dsc09509

有り難いご縁に感謝でいっぱいです。


さて、野村病院さんは、昨年の秋に病院を新しく建て替えられ、
きれいな1階の診療室の壁には、「被災地の未来を輝かす心の原風景」の版画を
飾っていただいて、まるでギャラリーのようになっています!

Dsc09507


Dsc09506


Dsc09508


院長室にご案内いただき、私たちを出迎えてくれたのは…

Dsc00073

な、な、なんと!スターリィマン!!?
「えー!!?何でここにいるの?!」と三人でビックリ!!

私たちの所にいるスターリィマンを作ってくださった方が
ミニサイズで野村先生たちにもお作りになっていたそうです。

だからサイズが違うだけで、頭の☆や洋服の素材が同じなんです。
こっちの子の方が小さくて可愛いな〜(笑)

新病棟にある6台の自販機には、それぞれ絵を入れていただき、
売上の一部を紙芝居の活動と、たまきはる福島基金さんに
継続的にご寄附くださっています☆

Dsc00054


Dsc09522


Dsc09526


Dsc00067


今回、野村病院さんにお伺いさせていただいたのは、
母が配信している「今を生きるスターリィマンの物語」の
メールマガジン用のインタビューと、
新病院を題材にした作品をご依頼いただいたからでした。

病院の裏山は、春になると桜が咲き、
野村先生や病院の皆様にとって、一番好きな風景だそうです。

このすぐ近くには昨年の夏に土砂災害が起こった山があり、
まだ災害の爪痕が生々しく残ったままで胸がざわざわしました。

「大切な地域の方々のために」
創業者である野村美智子先生のお父様である
野村節夫先生のご遺志を継ぎながら
人々の命や人生と向き合われている野村病院さん。

その素晴らしい志がずっとずっと続くことを願い、
スターリィマンの作品に込めました。

そして、ようやく6月6日に完成した作品。
タイトルは「ともに生きる願い」です。

Dsc00591

Dsc00589

Dsc00587

たとえ一時離れてしまっていたとしても
お家の中に絵を飾ってくださっていたり、
スターリィマンの人形を置いていてくださったり、
スターリィマンを通してずっとずっと
繋がりを育ませていただいていた野村先生たち。

こうしてまた出会えて本当によかったと
改めて温かく嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

父が版画作家だった頃に一番お世話になっていた沖縄でも、
「スターリィマンの作品が家にあります!」とか、
「サイン会に行きました!」「画集持っています!」と
その時にご縁をいただいた方との再会があり、
一度繋がったご縁はいつまでも切れないままなんだと
感謝の気持ちでいっぱいになることが多々あります。

これからも作品を通して、多くの繋がり、ご縁を
大切に育んでゆけたら幸せに思います。

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

皆様、こんにちは☆

まだ5月にも関わらず夏日がずっと続いていますが、
体調など崩していらっしゃいませんか?

さて、5月19日は福島県郡山市にある
ユーパロ室ノ木保育園さんで
紙芝居ライブを行ってまいりました!

昨年に引き続き2度目の訪問。
「是非今年も来てください!」と
小川園長先生からご連絡をいただき
子ども達や先生方と久しぶりの再会☆

Dsc00450

子ども達がみんな大きくなっていて
「スターリィマンだ〜!」と覚えていてくれて
とっても嬉しかったです♡

Dsc00452_2

ユーパロ室ノ木保育園さんのビックリな所は、
いつも写真をすぐに印刷してプレゼントしてくださるんです!
可愛い風船モチーフの切り絵やペンダントもいただきました☆

Image

園長先生が帰り際に、
「はせがわファミリーとのご縁には本当に感謝しているんです」と
涙目でおっしゃってくださって嬉しくて切なくて
胸がきゅーっとなりました。

感謝しているのは私たちの方です!
また是非来年もお伺いさせていただけたら嬉しいです!
これからもずっとずっと宜しくお願いいたします☆


そして、明日30日は福島市書店協同組合さん主催で、
福島市立図書館さんの開館30周年と
松川学習センターさんの開館を記念して
両館で紙芝居ライブをさせていただけることになりました!

20150530

http://www.dream-hasegawa.com/about/event.html

福島キワニスクラブさんの柴木さんから
西沢書店さんの小林常務さんにご縁をいただいて、
私たちの活動を全面的に応援します!と
すぐに紙芝居ライブの開催にお力添えくださいました。

今回の紙芝居ライブの後援をいただいている
福島民報新聞社さんと福島民報社さんにも掛け合っていただいて、
こんなに大きな記事を載せていただきました!

Image_fukushima

10502158_853324544705009_9089882307

「夢や希望が詰まった物語を、たくさんの子どもたちに楽しんでほしい」

小林常務さんの有り難いお言葉が心に響きました。
本当に本当にありがとうございます!

是非、明日は福島の皆様と素敵なひと時を
ご一緒させていただけたら嬉しく思っています☆
皆様のお越しを心からお待ちしております!

http://www.dream-hasegawa.com/about/event.html

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

【5/5ご報告】「春のこむこむまつり」福島キワニスクラブさんとイベントに参加させていただきました☆

5月5日のこどもの日は、昨年に引き続き
福島キワニスクラブさんと一緒に
「福島市子どもの夢を育む施設こむこむ」で開催の
『春のこむこむまつり』に参加させていただきました!

Dsc00418

今年もお声がけいただきまして、誠にありがとうございます☆

Dsc00438

会場は朝からたくさんの親子さんで溢れていました。
昨年よりも来場者が増えているような感じがします。

Dsc00421

元気いっぱいな子ども達の姿を見るだけで、
とっても嬉しくなりますね♪

Dsc00403

会員の皆さんが一つ一つ手づくりをした
キワニスドールちゃんという人形に
子ども達がぬり絵をしていきます。

Dsc00407

通常、キワニスドールちゃんは小児科の医師が、
病気の子ども達の恐怖心を取り除いたり、
診察や治療をスムースに進めていただくために、
毎年、会員の皆様が地域の病院さんに
たくさんのドールちゃんや絵本を寄贈していらっしゃいます。

Dsc00428

中には、亡くなってしまったお父さんを描いて
「パパ」と名前をつけたといった子もいて、
胸がきゅーっと締め付けられる想いがしました。

Dsc00404

それぞれの子ども達にとって、
大切な大切な存在になると思うと、
本当に素晴らしい活動だなぁと改めて感じました。

Dsc00405

あまりの大盛況に150体の準備でも間に合わず…

Dsc00433

私たちもキワニスドールちゃん作りに
挑戦させていただきました♪
久しぶりのお裁縫はとっても楽しかったです!

私たちと、もう一組、福島県の伊達市から
ご夫婦で紙芝居をなさっている菅野さんご夫妻が
「へっぴりよめ」と「おむすびころりん」の2作を
上演してくださいました!

普段は、「東北まち物語100本プロジェクト」という
広島の方々が作成した紙芝居を上演なさっているそうです。

イベントが終わった後の懇親会で「見えない空の下で」という
浪江町の方々の原発事故後の避難生活について描かれた
ドキュメンタリー紙芝居をお話くださいました。

2

震災関連のお話だけでなく、民話や昔話も含めて
現在100本以上の紙芝居が出来上がっているそうです。

【作品リスト】http://matimonogatari.iinaa.net/work/itiran-sakuhin.pdf

語り継いでいく事の大切さを気づかせてくださった
素敵な出会いとなりました。

福島キワニスクラブの皆様、いつも有り難いご支援を
本当にありがとうございます!


そして、5月30日(土)には事務局の柴木さんからご縁をいただき、
福島市書店協同組合さん主催で、福島市立図書館の開館30周年と
松川学習センターの開館を記念した紙芝居ライブを
両館でさせていただけることになりました☆

20150530

詳細 http://www.dream-hasegawa.com/about/event.html

こうして継続的に活動の機会をいただけることは、
何よりも嬉しく幸せに思います。

これからも一期一会のご縁に感謝を込めて、
活動に励んでまいりますので、
是非、温かく見守っていただけますと幸いです☆

それでは、またお会いする日まで
どうか皆様お元気でお過ごしください♪

| | コメント (0)

【5/2キットパス勉強会】日本理化学工業さんの作品ギャラリーに掲載☆

1

日本理化学工業さんのサイトに
キットパス勉強会のレポートを
アップしていただきました☆

是非こちらもご覧いただけたら嬉しいです!
http://www.rikagaku.co.jp/s_gallery/?id=327


| | コメント (0)

«【5/2ご報告】キットパス勉強会☆第2回「キットパスで咲かせよう!スターリィマンの夢を叶える9つの風船の花」